平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜.com

欲望のありか

お金にまつわる話、また自分らしく生きるための意見を発信するブログ

20代がお金に対して意識すべきこと~「お金」は年を取れば取るほど重みが増してくる~

こんにちはKJです!
 
最近年上の人と飲み会や食事をして「年を取れば取るほどお金の価値が増す」という話をされたことがありました。
 
僕もお金は重要であるとは頭では分かっていてもまだ20代後半の若造なので30代、40代のお金に対する感覚と、僕のお金に対する感覚は違うのだろうなと感じます。
 
年を重ねれば重ねるほど「お金の重み」が変わってくる理由なんかも想像つきますが、逆に我々20代くらいの若者が持つべきお金に対する感覚はどうあるべきかについて思うところを書いてみます。

年を重ねれば重ねるほどなぜ「お金」の価値が増すのか

これは単純に想像つきますが、年を重ねれば結婚、子育て、介護など出費が大きいイベントが増えていくため、年を重ねるごとにお金の大事さ、有難みが増していくのでしょう。
 
結婚式でも挙げりゃ数百万飛びますし、子育ても真っ当に育てようとすれば一人当たり数千万、介護だってバカにならないお金が飛んでいきます。
 
さらにマイホーム、マイカーを持てばローンやなんやらで毎月お金が差し引かれ、一般のサラリーマンであれば自由に使えるお金は微々たるものでしょう。
 
さらに増えていく出費ほどに収入は増えていかない人が大多数なはずです。
 
こうなってくると否が応でもお金の有難みや価値は重みを増していくことでしょう。

若いうちにお金に対して意識すべきこと

いずれバカにならないレベルでお金が消えていくであろうイベントに備えて若者ができる事といったら「収入を増やす、もしくは貯蓄を増やす」の2つに分類されるかと思います。
 
「収入を増やす」については、株や不動産等の資産運用、もしくは自分でビジネスを行うといったパターンが挙げられるでしょう。
 
「貯蓄を増やす」については毎月の収入に対して貯金額を増やす、節約して貯金額を捻出してお金を貯めるといったパターンでしょうか。
 
僕自身どちらも大事だと思いますが、圧倒的に僕は若いうちに「収入を増やす」ことにベクトルを向けるべきだと思います。
 
なぜか。前述した通り年を取れば取るほど「お金の価値」が増すことで、身動きが取れなくなってしまうからです。
 
家庭を持ち、お金が飛んでいくイベントが多いと、投資やらビジネスやらに簡単にお金を投じることができなくなってしまいます。
目先の事にお金を使わざるを得なくなってしまいます。
 
若いうちから節約して貯蓄していく、といった姿勢もとても大事ですが、節約して100万、200万貯蓄が多いってだけでは気休め程度にしかならないような気がするんです。
 
まずは若いうちに意識すべきことは「節約して貯金」じゃなくて自分が将来収入を増やすための「投資」であったり貴重な経験を得るための「勉強代」に使っていくべきではないでしょうか。
 
そんなお金の使い方が自分の知見を広めること、さらなる楽しみを発見することに繋がると思うと、貯金よりは将来価値のあるものとなると僕は信じております。
 

まとめ

最近年上の方と話しして「年を重ねれば重ねるほどお金が重要性を増していく」といったことを聞き、自分が思う事を書いてみました。
 
年を取れば取るほどお金の重みが増す、ということは逆に若ければ若いほどフットワーク軽く物事に挑戦できるということです。
 
成功、失敗含めて今の内にできる限りのことにチャレンジをしていきたいと思う今日この頃でした。