平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜.com

平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜

お金にまつわる話、また自分らしく生きるための意見を発信するブログ

2017年は振り返ってみると確かに「仮想通貨元年」感があった

こんにちはKJです!
 
早いものであっという間に2017年も終わり2018年に突入しましたね!
 
僕は去年は様々な人に出会うよう心掛けていたのでいろいろ学ぶことが多かったですね。今年はもっと活動的になっていこうかと思います。
 
12月は忙しかったのでブログ更新をさぼっていましたが、2018年もブログを継続していきますので皆さんぜひ読んでいただけたら嬉しいです。
 
さて、このブログでは仮想通貨関係のことを書くことがちょくちょくあるのですが、振り返ってみると改めて2017年は「仮想通貨元年」の年だったなーと感じさせられます。
 
今回は仮想通貨について2017年振り返って思う事や、今後どうなっていくかについて思うところでも書いてみます。

2017年は予想以上に「仮想通貨元年」

僕が初めてビットコインを購入したのが2017年1月ころでした。
 
そのころは注目は若干浴び始めてた感はありますが、まだ1ビットコイン10万円代と今と比べてとても入手しやすい状態でした。
 
僕の感覚でいくと2017年の終わりごろにはせいぜい1ビットコイン30万円程度でもいけば上出来じゃないかと思っていました。
 
仮想通貨の有識者なんかは2017年の終わりには1ビットコイン50万円に達するという予想もしている人がいて「強気だなー」なんて思っていましたし、他のビットコイン購入者も僕と同じような感覚でいた人も少なからずいるはずです。
 
これがふたを開けてみると、2017年も後半に差し掛かってきて200万円を突破しちゃうくらい伸びましたね。
 
何という成長。驚きです。
 
今では法的な整備もされてきて、ビットコインが決済手段として取り入れられるようになり、CMでも仮想通貨取引所がバンバン宣伝をしております。
 
もはや当初うさん臭いと思われていた仮想通貨は一つの「投資対象」、また「通貨」としてジャンルを確立してきています。
 
僕の周りでもビットコイン、アルトコイン含め仮想通貨に投資している人も増えました。仮想通貨の浸透スピードの凄さにびっくりします。
 
仮想通貨の法整備、価格高騰のスピード、国民への浸透具合を見るとまさに2017年は「仮想通貨元年」と呼ぶにふさわしい1年だったかと思います。

2018年仮想通貨はどうなる!?

ぶっちゃけ分かりません。
 
ここまで2017年は予想を裏切られたので今後どうなるかあれこれ予想してももはや僕の理解を超えた未来が待っているのでしょう。
 
ただ、今のところ仮想通貨はあくまでまだ「投資対象」としての側面が強いのかなと感じております
 
実際に僕にとってもビットコイン、アルトコインはあくまで「投資対象」であり、日常生活で活用するに至っておりませんし、活用できる環境も整備しきれていないです。
 
ビットコインは決済に使えますが、特にアルトコインはまだまだです。
 
2018年はまずはビットコインが技術的なハードルを解決し、日常生活での有用性を示せるのかに注目したいですね。
 
ビットコインもこれだけ注目を浴びていますが、ブロックの承認スピードやフォークというバージョン分岐への対応など技術的に改善しなければならない点を抱えております。
 
技術的なハードルを越えて、ビットコインの土台となっている「ブロックチェーン」をどんな場面で活かしていくのか、といったところが2018年は注目かなと思っております。

まとめ

今回は2017年を振り返ってみて仮想通貨について思う事を書いてみました。
 
僕も最近は購入したアルトコインをずっと寝かしているくらいで、あまり積極的に投資していないですがぼちぼち面白い通貨探しでも始めようかなーと思っている次第です。
 
もしまだ初めていない人などがいればぜひ始めてみてはいかがでしょうか。今は結構ビットコインも下がってきているので買い時ではあるかなと思っています。
 
口座だけ開設してまずはいつでも購入できるように準備を整えておくことをお勧めします。
 
僕のお勧めは国内仮想通貨取引所、Bitflyer(ビットフライヤー)です。
国内大手なのでセキュリティ的にも安心です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で