平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜.com

平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜

お金にまつわる話、また自分らしく生きるための意見を発信するブログ

世の中確率論~下手な鉄砲、数打ちまくる~

こんにちはKJです!
 
最近本を読んだり、成功して人生を楽しんでいる人と会うと思わされることがあります。
 
「世の中は確率論」であると。
 
どれだけ行動量を増やし、どれだけ挑戦し、どれだけ失敗したのか、その量が多ければ多いほど自分の目標や夢に一歩近づいていくわけです。

「下手な鉄砲、数を打ちまくる」ことが必要

 
本を読んだり、成功している人に会うとすべからく「失敗の積み重ねを行い、改善を図っている」事が分かります。
 
ありきたりな内容ではありますが、この「失敗の積み重ねの数」が尋常じゃないんですね。
 
「私はどうして外交販売に成功したか」の著者フランク・ベドガーは保険の販売員として営業を行っていましたが、年間1000人を超える客と面会を行っております。
 
1日4人ペースで見込み客に会い、営業活動を行い、失敗を積み重ね、改善を積み重ねました。
 
多くの人に会い営業活動を行っていくことで最初は100人に1人契約してくれるかしてくれないかというところから、徐々に50人に1人、40人に1人、と契約成功の確率が上がってきて、最後には3人に1人は契約をしてくれるところまでたどり着きました。
 
フランク・ベドガーのエピソードからも分かるように、尋常じゃない行動量の先に、質というものが上がってくるわけです。

 

どれだけ行動をしているか振り返る

僕らの周りにも「お金欲しい~」「彼女・彼氏欲しい~」などつぶやいている人って結構いますよね。
 
僕もそういった願望もあったりしますが、そのような事あまり言いたくないタイプです。
「じゃあ自分がその目標のためにどれだけ行動しているの?」と思うと、とてもじゃないですが自分はまだ本気になって行動していないと感じ、言葉にするのが恥ずかしくなってしまうんですよね。
 
お金が欲しいと言っている人はお金を得るためにどれだけ行動しているんでしょうか。
 
仕事終わった後の平日の夜、休日にお金を稼ぐために何をしているでしょうか。どれだけ時間を割いているでしょうか。
 
恋人が欲しい人はどれだけの異性に会っているでしょうか。好きな異性に喜んでもらうために何を行っているでしょうか。自分を磨くための努力をどれだけしているでしょうか。
 
目標や願望を持っている方は、その目標を達成するために自分がどれだけ行動をしているか振り返ってみて下さい。
僕も含めてですが、圧倒的に行動量が足りていないと気づく方もいらっしゃると思います。
 
要は確率です。がむしゃらに動いたその分だけ、自分が求めているものを得やすくなります。チャレンジした母数も増やさないで、自分は何をやっても無駄だと思っていては何も得られません。
 
要領が良い人であればあっさり軌道に乗るかもしれないですが、大多数は行動しまくり失敗しまくった先に成功しているわけです。
 

まとめ

自分もまだまだ目標達成のために行動量が足りていないと思う今日この頃です。
 
僕はお金を稼ぎたいという願望がありますが、まだまだ本気で行動しきれていないと感じてしまいます。
 
目的のためになりふり構わず行動範囲を広げ、行動量を増やし、継続させるという事が必要ですね。
 
皆さんも「目標のために自分はどれだけ行動できているか」振り返ってみて下さい。
自分を鼓舞してバンバン行動に移していきましょう。