平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜.com

平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜

お金にまつわる話、また自分らしく生きるための意見を発信するブログ

「核シェルター」の売れ行きがすごい?~スーパー営業マンとの出会い~

こんにちはKJです!
 
「今後これはどんどん人気が出ていくんじゃないか?」って思う商品やサービスって
皆さん何が思いつきます?
 
仮想通貨?介護サービス?ロボット?
 
皆予想するものはいろいろとあると思いますが、「核シェルター」が今後注目すべきビジネスでしょう。
 
というよりもう企業なんかには売れ始めているみたいですが、徐々に一般家庭なんかも浸透していくのでは無いかなーと思っています。

スーパー営業マンと飲み屋にて

最近とあるきっかけで、フリーランス?で営業をやっているバリバリのスーパー営業マンと会う機会がありました。
 
波はあるものの最低月収100万円は軽く稼いでる営業マンらしく、僕なんかとは住んでいる世界が違うようなバブリーな人です。
30代前半の方で今まで「営業一筋」で不動産、リフォーム、情報教材などあらゆる商材を扱ってきて成果を残してきた人なようです。
 
いろいろ話していてで勉強になる事が多かったのですが、とあるタイミングで「今後何が売れると思う?」みたいな質問をされました。
 
「うーん、難しいですが介護分野のサービスだったり仮想通貨辺りですかねー」と答えると、「仮想通貨なんてもう遅いね。今は核シェルターだ!」と言うわけです。
 
その人曰く「核シェルター」が企業向けでバコバコ売れ始めているとのこと。
 
近年の北朝鮮のミサイル発射問題を危惧して、資産や大事なものの保管場所、また災害対策としての「核シェルター」に需要があるみたいですね。

そもそも核シェルターとは

核兵器を想定するならば、一次放射線や爆風を避けること、また散らばった放射性物質 (核の灰、フォールアウト) や、そこから発せられる二次放射線による被曝を避けることが目的
 
数人しか入れない小さいサイズのものもあれば、数十人収容できるサイズのシェルターなんかもあるようで値段もピンキリなようです。大体200万円~1500万円で販売されているみたいですね。
 
また、地下に設置するシェルターだけでなく、外気を安全な空気にする特殊フィルター装置みたいなグッズも販売しています。
 
スイス、イスラエル:100%、ノルウェー:98%、アメリカ:82%、イギリス:67%、と普及率が多い国も結構あるようで、スイスなんかは新築や改築の際にシェルターの設置が法的義務とされているようです。
 
で、日本の普及率はというと0.02%とのこと。
(NPO法人日本核シェルター協会という団体の調査の結果らしいです。)
 
0.02%!先進国でも最下位のようですね。

核シェルターは家庭向けにも波及していく?

昨今の北朝鮮ミサイル発射問題でますます核ミサイルへの脅威は強まってきています。
 
実際に最近のミサイル発射も日本上空を通過していますからね。
いつ何時核ミサイルの被害を被るか分からないです。
 
そんな緊迫した状況の中で、家庭でできる「核ミサイル対策」と言ったら核シェルターの設置になるでしょう。
 
さすがに地下に作るような核シェルターの波及は難しいかもしれませんが、「普通の部屋」を「核シェルター化」する、特殊フィルター装置なんかは多いに普及の余地があるでしょう。
(もちろん地下シェルターみたいなものに比べたら効果は薄いと思いますが。)
 
フィルター装置の価格も設置込みで100万程度でできるようなので、地下シェルターに比べたら手軽にできます。
 
核ミサイルのリスク対策と思えば買う人も結構増えていくんじゃないでしょうか。

まとめ

今後売れるものの一つとして核シェルターは注目ですね。まだ日本では普及率が0.02%なので開拓の余地しかないわけです。
 
実際はもう企業向けなんかでも売れ始めているようですしね。
 
僕ももっと最新の情報に敏感になんなきゃいけないですね。
 
単純に情報を得るだけでなく、その出来事が今後どのように周りに波及していくのか、って事を考えると先を読む力が培われそうですね。