平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜.com

平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜

お金にまつわる話、また自分らしく生きるための意見を発信するブログ

成功者が持つ「行動力」に感化されて、自分が大胆な行動をするのは危険。臆病だっていいじゃない。

こんにちはKJです!
 
皆さん行動力がある人って凄いって思いませんか?
 
僕も「自分じゃこんな事できねーなー」と思うようなことを行動に移している方と会うと、自分もまだまだ行動力が足りないなーと感じてしまいます。
 
しかし!行動力が無い人が行動力がある人に感化されて「じゃあ自分も」と、例えば会社を辞めてしまったり、投資に手を出してしまったりは危険です。
 
リスクを恐れるあまり行動に起こさないのもダメですが、リスクを恐れなさすぎるのもダメだと僕は思うわけです。
 
リスクを恐れる臆病な人間は、無理して大胆な行動に走らず、地道にやっていこうよ。という考えについて今回共有します。

行動力が無い人が誰かに感化され、いきなり大胆な行動に走ってはだめ。

行動力がある人は素敵です。自分がやりたい事をやって成功を収めている人なんかはキラキラ見えてしょうがないです。
 
行動的な人と会うと自分も感化されて「何か行動に起こさねば」という焦りを感じてしまう事は多少なりとも皆さまあるのではないでしょうか。
 
しかし、成功を収めている行動的な人に感化されて、自分も真似してハイリスクな行動に走るのは危険です。
 
行動力があり、成功を収めている人は「失敗と成功」の積み重ねがあり、今の成功を収めているのです。
 
僕もたまにですが、「自分もいずれこうなりたい!」なんて憧れを抱くようなアクティブな人と会ったりすることがありますが、話を聞くと過去に大きな失敗をしていたり、中々ハードな生活を送っていた人が多いです。
 
僕が憧れているじゃんじゃん稼いでいる人なんかだと、「今の状態になるまでに2年間死ぬ気で頑張った。」「ひどい時は1ヵ月くらい自宅に帰らず仕事に没頭していた。」なんてことを経験していました。
 
行動力があって何かの実績を出している人は「トライ&エラー」を尋常じゃないくらい繰り返しているんですね。
 
行動力がある成功者と似たような行動をいきなり真似しても、そもそものバックボーンが違うんだから良い結果なんて生むはずないんですよ。
 
多くの積み重ねがあるからこそ効果を発揮している行動を、何の積み重ねもない人が真似てもそうそう上手くいくもんじゃないでしょう。
 
行動力のある人に感化されて、簡単に今の自分が持っているものを手放すようなリスクのある行動にいきなり移るなんてことはやめましょう。

行動力は必要。しかし、ハイリスクは負う必要は無い。

そうはいっても行動しないと何も生まれないです。何かを変えたいのであれば、普段と何か違うことを行動に移していかねばなりません。
 
「自分は行動力が無い、何か行動せねば!」と焦っている人はまずは価値観を広げ、自分の思考を変えていくような「小さな行動」を起こしてみてはいかがでしょうか。
 
いきなり行動力が無かった人間が、バリバリ行動的になるなんて難しいでしょう。
 
行動を変えるにはまずは価値観を変えていく必要があります。価値観を変えていくにはインプットが必要です。
 
インプットを得るための行動は何でも良いと思います。いつも会わないような人と会ってみたり、読書をしてみたり、いつもと違う休日を過ごしてみたり。
 
そこでの気づきだったり、学びが自分の考えを徐々に変え、いずれは行動の変化を引き起こします。
 
逆にある程度やりたい事は決まっているものの、まだ行動に移せていない人はまずは自分にとってリスクが少ない行動から始めていくことをお勧めします。
 
起業したい人は会社をいきなりやめることなんてしないで、まずは働きながら副業やってみるとか。副業が上手く軌道にのったり、お金に余裕ができるようであれば起業すればいいわけです。
 
行動的になりたいという方はまずは自分としては「ちょっと背伸びしている」くらいの範囲でいつもと違う事をしてみて、そこから徐々に行動を大きくしていく方が安心です。
 
臆病で大胆な行動が取れない、なんて悲しむ必要はありません。まずは自分が無理せずできることから始めていきましょうよ。
 

まとめ

今回は行動力が無いという人が、いきなり誰かに感化されてハイリスクな行動をとる危険性について思う事を書きました。
 
今回この記事を書こうと思ったのは、僕がフリーランスで成功している知人に会社のことを愚痴ったら「じゃあやめちゃえば良いじゃん。」って言われたことがきっかけです。
 
「やめたいから会社やめる!」なんて簡単に行動に移せるほど僕は大胆な行動に走れない臆病者なんです。会社をやめても、何かしらで食っていける保証が見えていないと、勢いで会社を辞めることなんて僕にはできないです。
 
僕もまずは自分の今の生活を崩さない範囲で、自分の目標に向かって行動していきます。