平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜.com

平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜

お金にまつわる話、また自分らしく生きるための意見を発信するブログ

20代、30代が投資をするべき3つの理由

こんにちはKJです!
 
僕は株、仮想通貨、不動産に投資をしておりますが、周りの友人なんかで投資をやっている人は少ないです。
投資はギャンブル要素がある、元手がある程度必要で中々手を出しづらいなんてイメージを持たれているからかもしれないですね。
 
しかし、元手は無くとも20代、30代の方は少額でも投資をしておくことは今後役に立つことが多いでしょう。
今回は20代、30代が投資を行うべき理由について共有したいと思います。

20代、30代が投資を行うべき理由

終身雇用制度の崩壊

このご時世もはや新卒で入社した会社に定年まで務める「終身雇用制度」は崩壊しつつあります。技術の進歩で今まで人間が行っていた業務もAIに奪われていくでしょう。
 
そんな時代に収入源が勤めている会社の給与のみって恐ろしいことだと思いませんか?
 
今皆さんが所属している会社もいつまで勤められるか分かりません。大企業だからって安心もできないです。
 
実際に私が勤めている会社は俗に言う「大企業」の部類に入りますが、過去何度も大量リストラがありました。
 
リストラならまだしも会社自体がつぶれる可能性だって全然ありますよね。
 
会社のみの給与しか無いとなると仮にリストラされて次の職が見つからなかったら絶望的です。
 
投資は会社以外の収入源を確保するための一つの手段です。
 
少しのお金と知識さえあればすぐにでも始められますし、役に立つ知識も身につける事ができるでしょう。
 
投資をきっかけに会社以外での収入を得る事ができれば心にも余裕ができるでしょう。

年金だけでは暮らせない老後

20代、30代の将来もらえる年金は確実に今より減っているでしょう。もしくは定年70歳くらいまで伸びているとか。
 
少子高齢化と医療技術の進歩による平均寿命の伸びている事を考えると今の若い世代が将来お金周りで苦労するのは目に見えています。
 
会社を定年まで努めあげても、「老後はわずかな年金しか収入源がなくてセカンドライフを楽しむなんて状況じゃない。」なんて笑えないですよね。
 
私たちにはそんな不安な将来が待っているのに、ただ黙々と会社で働くなんてことをしている場合ではないと思います。
今すぐにでも他の収入源を得るために動いていかなければならないのです。
 
一番身近で手を出せるのが投資です。
損してもいいやくらいの金額でも投資をしてみると勉強になりますし、思いがけない利益も得る事ができるかもしれません。
 
また、投資を行う事で自分の興味が広がっていきます。

マネーリテラシーが身につく

僕が投資をやって良かったと思う事はお金周りの知識が身につくという事です。
 
株なんかやっていると経済ニュースなんかも目に付くようになりますし、財務諸表なんかも見たりするようになりました。
 
利益が出ると税金周りの事も勉強するようになります。
 
僕も今年は投資で20万円以上の利益が出たため確定申告を自分でしなければならないので、確定申告や税金周りの勉強をしているところです。(副業で20万円以上の収益が出ると確定申告を行って税を納める義務が発生します。)
 
お金周りの勉強は投資を始めていなければここまで勉強していなかったと思います。
 
マネーリテラシーについては早めに身につければ身につけるほどお得です。
 

兎にも角にもまずは行動

投資を始めるきっかけって人それぞれだと思いますが、興味を持ったらまずは行動してみるのが一番です。
 
「いずれやろう」なんて思っていたらいつまでたっても行動に移せないでしょう。むしろ年を重ねれば重ねるほど敬遠してしまうのではないでしょうか。
 
リスクばかり考えたり、机上で勉強なかりするよりはまずは少額でも投資してみるのが一番勉強になるでしょう。または、投資をやっている人の話を聞くとか。
 
投資対象は何でも良いと思います。
株に興味があったらまずは口座をとりあえず開設して1万円でも投資してみる。

不動産に興味があるならまずはセミナーなんかで話を聞いてみる。

 
一歩踏み出すことが何よりも大事だと思うわけです。

まとめ

今回は若い人が投資をすべき理由について書いてみました。20代、30代の将来って明るくないので、会社で淡々と仕事するってだけじゃ僕的には不安なのでこんな記事を書きました。
 
後は身近に投資している人が増えたら話題も増えて楽しいと思ったのでぜひ20代の方には投資を始めて欲しいですね。仲間を増やしたいとうのが本音です。笑
 
関連記事