平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜.com

平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜

お金にまつわる話、また自分らしく生きるための意見を発信するブログ

不動産投資管理会社の選び方~大手か中小か~

こんにちはKJです!
 
先日僕は不動産を購入しましたが、現在も不動産に務めている方とお話する機会ちょくちょくあります。
 
不動産投資するにあたって不動産管理会社をどこにしようか迷う方も多いと思います。
 
僕が何人かの不動産管理会社の方とお会いして、大手の管理会社と中小の管理会社では特色が違うと感じました。
 
今回は僕が感じた大手と中小の管理会社の特徴の違いについて共有しますので、不動産投資に興味がある方、管理会社選びで迷っている方は参考にしてみて下さい。

大手不動産管理会社の特徴

紹介物件数が多い

大手なので当然保有物件数は中小の管理会社より多いです。
紹介物件数が多いということはその分購入できる物件の選択肢が多いので自分の希望に即した場所を選べる可能性が高いですね。
 
価格は置いといて、自分なりにある程度購入したい物件がイメージできている場合は担当者に伝えれば、希望の立地で紹介してもらえる可能性も高いと思います。
 
僕は以前大手の管理会社に物件の紹介を依頼したところ、一回のメールで10物件くらいの情報をPDFでいただけました。
 
しかし、大手さんは抽選で購入者を選んだりする場合もあるので希望の物件が見つかったとしても、その物件を買えるかは不明なところもあります。

バックアップ体制が整っている

地盤がしっかりしているので、管理会社として購入後のフォロー体制も整っている会社が多いです。
 
規模が大きいがゆえに広告代理店、不動産会社(売買の方)とのコネクションもあるので、中小に比べると空き室リスク回避対策や管理会社のノウハウも持っています。
 
バックアップ体制については大手の管理会社ならではの信用力がありますね。

出張営業などは行っていないところが多い

大手の管理会社はあまり出張営業などを行っていないところが多いですね。
基本的にオフィスに訪問し、不動産投資についての話を聞きます。
 
恐らく一人当たりの担当顧客が中小より多いのと、大手なのでセミナー等開催すれば人も来て客付けができるからでしょうか。

中小不動産管理会社の特徴

出張営業なども行ってくれる

中小の管理会社は出張営業を行ってくれるところが多いです。
近所のファミレスやカフェに営業しに来てくれるのは非常に楽ですね。
 
中小企業はどんどん契約者を増やしていきたいので、大手に比べると会社としてガツガツ営業できるような環境にあるのでしょうか。
 
なので大手に比べて親身な対応をしてくれくれるように感じます。

保有物件数が大手に比べて少ない

これは仕方がない話ですね。大手に比べると保有物件数の桁が違ったりもします。
 
購入物件の選択肢が少なくなってしまうのがデメリットにもなりますが、逆にまだ購入物件を絞り切れていない方はそんなに不都合に感じないのではないでしょうか。

大手も中小どちらでも良い~紹介してくれる物件の基準に選ぼう~

大手、中小管理会社の特徴について述べましたが、元も子もない事を言うと僕は「どっちでも良い」と思っています。
物件購入の際に、立地、売買価格、毎月のキャッシュフロー等の基準で自分なりに満足する物件を紹介してもらえるかどうかが一番大事です。
 
正直都内のある程度の立地であれば空き室リスクもそんなに無いので、バックアップ体制が整っている大手の管理会社を無理して選ぶ必要も無いです。
 
購入したい物件があるかどうかで管理会社を決めるのが一番です。
 
後は担当が営業が信頼できそうな方かどうかも重要ですね。
 
「購入したい物件がまだ全然固まっていない!」という方はいくつか不動産管理会社の方と会って物件紹介してもらったうえで精査してみて下さい。また、何人かの不動産営業の方と会ってみて信頼できそうな方を見つけてください。

まとめ

不動産投資にあたって管理会社の選定は、自分で様々な管理会社の方と話して吟味して決めていくのが一番でしょう。
友人が紹介してくれるパターンもあったりするのですが、必ずしも自分にとって合っているかは分からないです。
 
まずは自分でできるだけ情報収集しましょう!