平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜.com

平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜

お金にまつわる話、また自分らしく生きるための意見を発信するブログ

現金預金が10万円を切って起こった変化 支出のコントロールとお金への欲

こんにちはKJです!
 
皆さんは銀行口座の残高が少なくなってくると結構不安になりませんか?
僕も元々そんなにお金を持っているわけではありませんが、不安を覚える事はない
程度には貯金残高はありました。
 
しかし、財形貯蓄に給与の4分の1を毎月ぶち込んでいるのと、最近は不動産投資の諸費用を払ったり、夏に予定している海外旅行の費用を払ったりとで、お恥ずかしい話現金預金が10万円を切ってしまいました。笑
 
いい意味でヒリヒリしてきますね。しかし、株や仮想通貨を売却し手持ち資金を増やすという行為に走るよりは少ない貯金額で乗り切っていくのも楽しそうです。
 
何だかんだお金をリアルに感じますし、結構良い影響もありますね。

手持ち資金が減ると週単位で支出を考えるようになる

現金預金が10万を切ったことで週単位で支出を考えるようになりました。
 
今まではそんな支出についてそんなレベルで考えたことは無いのですが、ちょっと
した買い物が現金のショートにつながります。
 
そうなると否が応でも支出については計画を立てて切り詰めなければなりません。
 
これは買うべきか買わざるべきか、カードを使うべきか現金を使うべきかなど結構一つの支出の重みも増していきます。
 
キャッシュフローへの意識が高くなります。
 
結構次の給料日までどうやって乗り切ろうか考えるのって考える機会なかったですが、今のところは面白いです。(多分他の金融資産や財形貯蓄がなかったら楽しめていないでしょうが。笑)
 
限られたお金の中でいかに楽しむかという訓練くらいに思って過ごしているところです。

お金を増やそうという意欲が高まる

まず現状使えないお金が少なくなると、やりたい事をやるためには給料以外でもお金を増やさなければなりません。
 
結構今はリアルにお金が欲しいです。笑
この意欲は僕を今まで以上に行動的にするでしょう。
 
元手がかからずにお金を稼ぐ方法ってけど難しいですよねー。
もはやバイトとかでもしてみようかな。笑
 

まとめ~意識的に使える現金を減らすのはありではないか?~

貯金が少ないことにも良い影響がある的な事は書いていますが、これは僕が流動的ではないものの他に資産を持っているから言えることなのでしょう。
 
実際に他に資産が無く毎月このような生活は精神衛生上良くないでしょうね。
 
しかし、現金預金が少ない中で生活をするという事は、「支出をコントロールする」「お金を稼ぐエネルギーにする」という心構えは身につけれるという意味ではメリットがあると今のところ僕は感じています。
 
独身の方は、意図的に現金貯金を減らし、お金に対しての心構えを変えてみてはいかがでしょうか。
 
例えば投資に回すとか、定期預金するとか。
家庭を持っていたら多分難しいと思うので、これは独身の方が適していると思います。
 
どうせ結婚したらこんな生活を送る人が大半なんだろうなーと思うと、独身男性の方は今のうちに味わっておくのもいいかと。笑
 
関連記事