平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜

お金にまつわる話、また自分らしく生きるための意見を発信するブログ

読書なんてのはただの娯楽~知的な趣味でも何でもないから気軽に読もう~

こんにちはKJです!
皆さまは読書しますでしょうか?
近年は活字離れが進んでおり、情報収取はほとんどインターネットで済ます方も多いかと思います。
私はというと本は結構好きで、最低でも週に1冊は本を読みます。
(多い時は1~2日に1冊ペースとか。)
読書家と自称できるほどのめり込んではいないものの、アマゾンで興味ある本はすぐに買って休日とか隙間時間に読むことが多いです。
 
そんな中、友人に「休日何してるの?」と聞かれ、「だらだら読書してるかなー」と答えると、何かこいつ意識高いぶってるなという雰囲気をたまに感じます。
(私は見栄を張っているわけでもなく素直に答えているのですが。)
 
これは恐らく読書は多少なりとも「高尚(もしくは高尚さを気取っている)で知的な趣味」というイメージが定着しているからではないでしょうか?
 
私もお恥ずかしい話、「ちょっと高貴な趣味っぽいから」ということが理由で大学生の時から本を読むようになりました。(これだけが理由ではないですが。笑)
 
しかし、今では「読書なんてのはただの娯楽」であるので、読書しているからえらいとも一ミリも思いませんし、別に高尚な趣味でも何でもないという考えです。
読書に対して興味がある方だったり、興味はあるけど抵抗がある方に、私の例も交えて、本を読む際の心構えについて少しでも参考になれば嬉しいです。

読書するようになったのは大学生時代~古典から読書を始めた~

大体20歳になるかならないかくらいのところで読書をするようになりました。
元々大学時代の大部分は暇だったので何か自分に役立つ事しなきゃなーくらいに
考えていました。
 
そんな中で「学生時代にやっておくべきこと」的な事を書いているサイトをネットサーフィンしていたら「読書するべき」という意見が多かったのでそれをきっかけに本を読むようになりました。
 
人に対して、「自分が本好きですよー。すごいだろー」ってアピールは単なる痛いやつ
なのでしなかったものの、少なからず読書は知的で高貴っぽい趣味と考えているところ
はありました。
 
大学時代に読んでいたジャンルは哲学やビジネス書などで、古典の有名どころも結構読んでいたのですが、(ニーチェとか新渡戸とか)「読書は知的な趣味」という観念にもろに捕らわれている感じがしますね。
 
正直この時期に読んだ古典の本で、はっきりと書評ができる本は無いです。お恥ずかしい話、自分がそんなに興味もなく「読書するなら読んでおくべき有名どころの古典」を読んでいたのであまり自分の頭に入っていなかったんですね。
 
今思うとこれって一番無駄ですよね。本なんて自分が興味がある分野を何でも良いから読んどけばいいのです。読みたくなけりゃ無理して読む必要もないのです。
変に古典など大した教養もない学生が読んでも、はたして内容の何割が理解できるのかって話です。
(興味があって、自分なりにかみ砕いて理解できる方には古典は大いに価値があると思います。)
 
その時は古典を読んでても正直面白いと思うことが少なかったです。最初はやたら読んでいましたが就職活動のタイミングで一旦読書はやめてしましました。

本なんてのは気軽に読みたいものだけ読めばいい

就職活動を終えてから再度読書をするようになりましたが、その時は就活前に読んでいた本で面白かった本の作家の別の作品などを読んだりしていました。
また、ジャンルも哲学、ビジネスよりは興味がある小説や心理学、経済学の本と、自分の嗜好が徐々に移っていきました。
 
読むジャンルが自分の嗜好により近かったせいかどんどん読みたい本が増えてきて、読書に苦も感じませんでした。
 
また、買った本でつまらなかったら最後まで無理して読まなくなりました。以前までは買った本や借りた本は何となく最後まで読まなければという気持ちがあったのですが、つまらない本を読んでも時間の無駄だと思うようになったのです。
 
皆さまも買った本がつまらないけど何となく最後まで読まなければいけないと感じた事は無いでしょうか?
 
しかし、結局ある程度の量を読んでつまらない本を最後まで読んだところで何も残らないのです。
自分が興味があって楽しいと感じた本だけ読むのが一番で、例えその本がいかに有名で絶賛されていようが、自分にとってつまらなくて読むのが苦痛だと感じたら、無理して最後まで読んでも結局頭に入ってこないです。

まとめ~読書は娯楽~

読書は他の趣味と比べて、何か知的で素晴らしいというイメージがあるかもしれないですが、私にとっては普通に他の趣味と同列の娯楽です。映画を見るのと読書するのも一緒です。
 
たまに、本は読んだだけでは何も残らず実践しなきゃ意味が無い、とか、自己啓発書なんて読むだけ時間の無駄とか言う方もいますが私としては「なんで?」って思うわけです。
読書を娯楽と捉えている私にとっては、読書を通して自分の成長を強く望んでいるわけでもなければ、必ず日常生活に役立てようなんてことは思っていないのです。
(もちろん学びたい知識があり、実践するために読む本もありますが。)
 
そんなに意識を高くする必要無く、読書なんてのは肩ひじ張らずに気軽に読めれば良いわけですよ。
単なる暇つぶしの手段の一つです。アカデミックな本や、実用書は読む人が具体的に得たいことがあるから目的が明確であった方がより本を楽しめるかと思いますが、無理して目的なんて作る必要ないです。
 
また、つまらないと感じる本も無理して最後まで読む必要もないのです。
 
読書に興味がある方はまずは気軽に読んでみたらいかがでしょうか?

資格取得に意味はある?~勉強に取り掛かる前に考えよう~

こんにちはKJです。
今までに何かしらの資格を取得するために勉強に時間を費やしたことがある方は多いのでは無いでしょうか?
自分が時間を費やして資格取得できた時は達成感があり嬉しいですよね。
 
ただ、実際に取得した資格が日常生活に役立っているとはっきり言える方は多くないと
思います。(言える方はちゃんと目的意識を持って資格取得しているため、問題ないですね。)
 
かくいう私もなんとなく勉強して何と無く取った資格がいくつかありますが、日常生活に生かせているものはほとんど無いです。これってもったいないですよね。
 
私のように、取得した資格が生かされずに終わってしまっているというようにならないために、皆さまには資格取得を志す前に一度「なぜその資格を取得するのか。」「本当に必要であるのか。」といったことを立ち止まって考えて欲しいです。
 
私の資格取得の経緯、現在それがどのように生かされているかの例も交えて、資格取得のための勉強を始める前に読んでいただいて少しでも参考になる点があれば嬉しいです。

私が取得した資格

≪学生時代≫
・英検2級(中学3年生)
・漢字検定2級(中学3年生)
・日商簿記検定2級(大学3年生)
・TOEIC800点取得(大学3年生)
 
≪社会人になってから≫
・ITパスポート
・基本情報技術者
 
上記が今までに取得した資格になります。難易度的には数週間~数か月勉強すれば取得できるものですね。
 

簡単にそれぞれ取得しようと思ったきっかけ

 

漢検、英検2級

こちらは単純に高校入試のために勉強です。高校入試の際に少し優遇される資格ですね。
私は中学の成績がそこまで良くなかったこともあり、親や塾講師から取得を勧められて
取得しました。

日商簿記検定2級

大学3年生のときに取得しました。就職活動を控えており、何かしら履歴書の資格欄に埋めたいと思い思い浮かんだのが簿記でした。もともと経済学部ということもあり、お金にまつわる知識を学ぶのは嫌いでなかったのと、株にも興味があり、企業の財務諸表を読めるようになりたいと思い勉強を始めました。 
 
履歴書に書ける最低限が2級かなーと思ったので3級は受けずに2級のみ受けました。大体2か月程度勉強しました。

TOEIC800点

こちらも大学3年生の時に取得しました。こちらも就職活動のために勉強をしました。
どちらかと他の資格とは色合いが異なり、合格不合格の判断ではなくスコアで英語能力有無を判断する試験になっていますが、私は800点を目標に勉強に励み、800点取得しました。(この前受けたら750点に下がっていました。笑)
 
私は趣味で語学留学などしていて、TOEICに絞った英語の勉強の期間と言われたら切り出すことが難しいです。参考ですが初回受験600点→2年後800点て感じです。

・ITパスポート・基本情報技術者

こちらは社会人1年目の時に取得しました。IT系の企業の営業として働いてる私ですが、会社でも資格取得は推奨しており、実際に営業でもこれくらいの資格は取っておいた方がいいだろうなーと思い取得に至りました。
ITパスポートは2週間程度、基本情報技術者は3か月といったところでしょうか。

取得した資格が役にたっているか?

基本的に役に立つ場面はそれぞれありますが、あくまで自分が想定していた場面で役に立ったと実感するくらいで基本的に勉強した時間を考えたときに投資対効果が低いものが多いと思います。
 
例えば
・漢検英検
→高校入試の内申点が上がり、成績の悪さをカバーできた。
・日商簿記
→就職活動の面談で資格について言及されたときに、少しは勉強してましたよアピール
 ができる。
・TOEIC800点
→英語が苦手で無いことが証明できる。
・ITパスポート・基本技術者
→IT分野の単語がわかることでSEとの会話が少しスムーズになる。
 
といった感じでそれぞれの役にたった経験はあります。
しかし、振り返って考えてみると必ずしも資格取得をする意味があったのかは疑問です。
 
私として資格・試験のために勉強しておいて良かったと思うのはTOEICくらいでしょうか。
TOEICについては就職、転職、昇格について大体問われるからです。就職活動、転職活動においてそもそも外資系企業ではTOEICの点数が低いと足切りされてしまうケースもあります。英語力も少しは身に付きます。
 
その他の資格については正直資格取得にこだわる必要は無かったと感じています。
 
当然取得した資格の分野の知識は身に付きますが、それを生かしてバリバリ使用する場面てあまり無いんですよね。

取得予定の資格の使用する場面を想定しよう

資格取得を志すということは何かしらの目的があって資格を取得するわけですよね。
その目的について考えたとき本当にその資格は必要なのか一度考えてみてください。
 
例えば
英語の勉強のためにTOEIC勉強する!
→単純に英会話のスキル上げたいならTOEICの勉強より外国人と話す機会増やしたほうが良いんじゃないか?
転職して経理職につくために日商簿記取得したい!
→資格より実業務での経験が優遇されるからまずは社内で部署変えて経験を積む事を優先したほうが良いんじゃないか?
とか。
 
方向性を間違えると勉強が無駄とは言わないまでも、目的に対してかなり遠回りになってしまうケースもあると思います。資格を取得していないと行えない業務がある士業(弁護士、税理士など)は置いとくとして、その他の資格についてはきっと目的達成のための代替案などを考える余地があるはずです。
 
実際に目的達成のために資格を取得し使用する場面を想定してみて、「本当に資格を取得するべきか?」「資格取得以外の手段の方が効率的ではないのか?」といったことを考えてください。
比較検討したうえで結果的に資格取得の方が自分にとってベストであればそれで良いと思います。

まとめ

私は決して資格取得に対して意味が無いことだとは思っていないです。私も今まで資格のために勉強したことは無駄だと思ってないですし、役に立つ場面も少なからずありました。
ただ、資格取得の際に「資格取得はあくまで目的では無く、目的を達成するために手段である。」ということについて考えるべきであったと思います。
 
株のために簿記を勉強するよりは、まず株を始めて実践で学んでいくほうが良いです。
英語をしゃべりたいなら、TOEICの勉強よりは外国人と話す方が効果的です。
 
本当の自分の目的を考えたときに、資格を取らなければ達成できない目的なのかということについて考えていないと単なる資格コレクターで終わってしまいます。
 
私は昇進や転職のための資格取得(例えばその資格を取得していないと足切りされてしまう等)は特に深く考えずに早めに取り掛かるべきだと思いますが、その他の資格取得については少し考えて結論を出すことを勧めます。
 
特に勉強に費やす時間が多い難易度が高い資格ほど。
 
資格取得を志す方は向上心がある方だと思うので、努力の方向性を間違えないように内省しましょう。

残業規制による働き方の変革~今の働き方を見つめなおそう~

こんにちはKJです!
皆さま仕事をするうえで程度の差こそあれ残業して働くことが多いのではで
しょうか?
多かれ少なかれ定時後まで会社に残って仕事をする方が大多数だと思います。
そんな中、某広告代理店の事件もあってか残業規制をどんどん進めていっている
企業も少なくないはずです。
 
政府も36協定や、働き方改革の施策を推し進めていますよね。
 
皆さまはこの社会の流れにどういった考えをお持ちでしょうか?
 
私は残業規制には賛成です。私も多かれ少なかれ残業規制により働き方の意識が変わり、自分の業務の仕方を見直す良いきっかけになりました。
 
どのように意識が変わったか、また具体的に行動にどのような変化が起きたかを共有したいと思います。皆さまも残業規制をきっかけとして働き方を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

残業規制による業務に対する意識の変革

そもそも私はどれくらい残業していたのかというと、月平均40時間くらいです。
 
管理職でもない単なる担当者の私は元々3か月で120時間という縛りがあり、基本的
にその上限付近で残業をしております。
 
36協定で申請すれば3か月180時間可能なので、基本的に3か月120時間の縛りを超えて
業務しても口うるさく言われることは無かったです。
 
しかし今では、3か月で120時間を超えることも許されないくらいの感覚で残業に対しては厳しくなっており、ノー残業デイに、定時を超えて働くにも部長クラスへの申請が必要になります。
 
これはある意味ワークライフバランスを意識する多数の労働者にとっては喜ばしいことでもありますが、業務時間を減らし、今まで通りの成果を出すことを期待されてしまっているわけです。
 
場合によっては業務時間中に終わらないタスクについては家に持ち帰らねばならないかもしれません。
 
私は業務時間中に予定していた仕事を終わらせ、極力家には持ち帰りたくないです。
業務時間が減る中で、私の今まで通りのやり方では仕事はたまっていく一方になってしまうと危機感を感じ、少しつつではありますが働き方を変えて、効率化を意識するようになりました。

効率化を図るための具体的な行動、思考

Excelやメモ帳でタスクの整理を行い、期日を区切る
私は今までタスク整理を厳密に行っていなかったのですが、Excelなどの表を用いて
今自分が抱えているタスクを羅列して、いつまでに終わらせなければならないか分かる
ように期日を区切りました。
これを行うことによって自分の業務の漏れが無くなるのと、期日が分かることによって
今日自分が行うべきタスクが何か、優先順位が判断できるようになります。
 
私は今までは必ずしもその日中に行う必要が無い業務に時間を割き、結果として残業時間が増えてしまっていました。タスク整理を行い、優先順位をつけることでこのような事は減らすことができます。
自分が行っている業務が目的としている結果に結びつくか疑問を持つ
皆さま上司から急に短納期の仕事を振られる事も少なくないと思います。
「これ今日中に調べておいて」とか。
そのときに上司が求めている結果に対して、自分なりの手段で行動に起こすと
思うのですが、自分の行動が本当に結果に結びつくか疑問に持つようになりま
した。
 
私の場合、上司から振られた仕事を慌ててこなし、報告をすると結果として上司が
求めている答えと違うことがあり、再度やり直しというパターンが多々ありました。
 
より仕事の効率化を図るうえで結果に直結しない無駄な行動は減らす必要があります。
そのためにも自分が取り掛かろうとする事に対して「この業務は本当に意味があるの
か?」という疑問を持ち、周囲に自分が考えている道筋が正しいか意見を求める事が多くなりました。
 
 

まとめ

 
私は残業規制により生産性は少しは向上したと感じています。
具体的にどのくらい仕事が捗るようになったの?と問われれると難しいところですが、
1時間程度短縮してアウトプットは変わっていないくらいの感覚でしょうか。
(あくまで体感なのであまりあてになりませんが。笑)
 
なぜ残業規制が仕事の生産性に多少なりとも良い影響を与えているかというと、
長時間会社に残れないので、自分が持つタスクをなるべく早く片付けようという
意識を持つようになったからです。
 
家に仕事を持ち込むのは嫌いです。業務時間中でその日に行う予定だった仕事を
終わらせて、オンとオフのメリハリはしっかりつけるほうが精神衛生上健全です。
 
限られた時間の中でいかに早く終わらせるかという意識をもつと、否が応でも今
までの働き方について変えざるを得ないということに気づき、実践中です。
皆さまも一度、改めて業務の進め方を振り返ってみてはいかかでしょうか。

仮想通貨Trigger(トリガー)とは~安全な銃の管理を可能に~

こんにちはKJです!
このブログでは仮想通貨の事を書くことが多いのですが、今回も仮想通貨
Trigger(トリガー)についてご紹介したいと思います。
こちらは全然日本語サイトで情報が無いのですが、海外サイトで調べて見つ
けた通貨でマイナーです。コンセプトは面白いですし、大化けする可能性も
あると思うのでもし興味がある方はご一読お願いします!

Triggr(トリガー)とはスマートガンに使用される仮想通貨

そもそもスマートガンとは

そもそもスマートガンとは何ぞやというところですが、スマートガンは予め
設定された本人もしくは特定の人にしか動作しない銃の事を指しています。
 
アメリカなどの銃が合法的に所持できる国では、銃をきっかけとした様々な痛ま
しい事件が起きております。 
 
学校などでの銃乱射事件
テロ、ギャング同士の抗争
誤発砲による事故
 
銃による事件が社会的に問題視されており、銃が蔓延しているから毎日のように
事件・事故が発生しています。自分を守るための武器であると同時に人を簡単に
殺めてしまう武器だからこそ、管理、使用に細心の注意を払わねばなりません。
 
仮に銃を持っていても誰かに盗まれてしまう、子供が遊びで銃を手にしてしまう
事を想像したら恐ろしいですね。
 
このような不安を解決するために開発されたのがスマートガンです。
スマートガンはバイオメトリクス(生体認証)やRFIDチップ(電子チップ)など
を用いて使用者を認証し、本人もしくは特定の人間以外は発砲する事が出来ない
仕組みを組み込んだ銃になります。
 
これなら誤発射や第三者による発砲が防げて安心して、銃の管理ができますよね。
 
しかし、スマートガンの導入に関しては、NRA「全米ライフル協会)などの銃規制
反対派が反発していたり、様々な利権が絡むのでなかなかスムーズにはいかないよ
うです。
 
とはいうものの、安全な社会作りのためにスマートガンが注目されているのは
事実です。

銃の安全な管理に使用されるのが仮想通貨Trigger(トリガー)

このスマートガンの安全性をさらに進歩させるために、ブロックチェーンを土台
としたネットワーク上で使用される仮想通貨がTriggerです。
 
ブロックチェーンという技術を用いることにより銃同士、銃とスマホ同士の
ネットワーク構築が可能であり、スマホで銃の管理を可能にし、仮に銃が
盗まれても銃がどこで発砲されたか、銃がどこにあるかといった事が分かるのです。
また、アプリ上で銃のロックができ、本人や特定の人間しか使用できないように管理ができます。
 
このネットワークのモデルをBlocksafeというのですが、このBlocksafedeで使用されるのがTriggerです。
 
TriggerはBlocksafe Fandationという団体が発行した仮想通貨になります。

どこで買えるの?

Trigger(トリガー)は海外仮想通貨取引所Bittrexで取引可能になります。
 
ビットコインでしか購入できないのでTriggerを購入したい方はまずビットコインを
国内取引所で購入し、Bittrexの口座に送金しなければなりません。
 
私はビットコインは国内大手取引所Bitflyerで購入しました。

まとめ

銃の安全な管理、使用については素晴らしいコンセプトではあるので将来性はあると思っています。
NRAによるスマートガン導入への反発、米大統領トランプが銃規制に消極的で
あるなど、スマートガン導入へのハードルは低くないものの、ブロックチェーン
の技術を使用したスマートガンは今後注目を浴びていくはずです。
 
短期的にはTriggerの乱降下はあるものの大化けする可能性はあるのではないかと
ひっそり期待しております。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨Auger(オーガー)とは~究極の民主主義的ギャンブル~

こんにちはKJです!
皆さまギャンブルはお好きでしょうか?私ものめり込みすぎはしないですが賭け事は
好きで、丁か半かの勝負はの高揚感はたまらなく白熱してしまいます。
そのような人にお勧めの、Auger(オーガー)という仮想通貨を使用した二者択一の
ギャンブルのシステムについて紹介します。ギャンブル的に大いに楽しめ、社会的にも意義があるシステムなので、興味がある方は一読いただければと思います。

仮想通貨Auger(オーガー)とは

Augur(オーガー)は未来を予測して予測が当たれば報酬を得られるシステムです。仲介となり手数料を取る
胴元が存在せず、システム参加者のみで未来の予測を行い、当たればオッズにもとづいて報酬が得られます。
報酬は現金ではなくReputation(レピュテーション、日本語で「評判」)という仮想通貨によって分配されます。
 
これって素晴らしい仕組みですよね。世に存在するギャンブルはほとんど搾取する側の胴元が存在して、どうしても流入した資金がどこか不透明な形で誰かの懐に入ってしまっています。こんな悔しい事はないですよね。パチンコなど特に顕著ですね。
※ちなみに胴元の取り分が一番少ないとされているのはカジノです。多額のマネーが動くとなると多少胴元の取り分を減らしても許容できますしね。
 
しかし、Auger(オーガー)のシステムではそもそも搾取する側の胴元が存在しません!
ブロックチェーンという技術を利用した取引所になっており、技術が公平性を担保しているのです。ギャンブルは胴元が仲介となって集金したお金をルールの乗っとって分配します。それは手間がかかることなので多少のマージンが取られるのは実際仕方がないですよね。
 
しかしAugerはブロックチェーンという技術が仮想通貨というある種のお金を公平に分配してくれるわけです!こんな仕組み今まで無かったですよね。技術の進歩は素晴らしいです。
 
変にパチンコや競馬にのめり込むよりよっぽど健全です。不透明に搾取されているギャンブルにのめり込んでお金を使っている人は使っている少しのお金でもこのシステムで使ってみたらいかがでしょうか?
 
株価、都知事選、スポーツの勝敗といった様々な分野が対象になりうるので、普通に面白いはずです。
自分の興味のある分野は何でも賭けの対象となるのです。
 

Augerはギャンブルという側面だけでなく社会的に意義がある

胴元が存在せずギャンブル要素としても面白いシステムであることは理解いただけたと思いますが、Augerは社会的にもとても意義があります。
 
将来の予測について、何人かの専門家の予測より、大多数の素人の予測の方が、結果的に当たりやすいという事が学術的に証明されています。Augerに参加する人間が多ければ多いほど予測が現実に近づいていくのです。
 
これって社会的に意義があることですよね。国が定める政策など少数の専門家で判断を下して失敗したケースなんて数知れずあります。Augerが大々的に注目されて様々な分野に応用されれば、皆で公平に物事を判断できることになります。究極の民主主義です。
 
どうしても意見が割れる事はあれど、癒着や賄賂が介入する余地が無く、指針を決める事ができます。
Augerによって公平な社会を築くことができるのです。
 

Auger(オーガー)購入方法

じゃあ実際Augerってどうやって手に入れるのって話です。
Augerで使用されるReputationという仮想通貨はビットコインによって購入できます
私はBitflyerという国内最大手の取引所でビットコインを購入し、Poloniexという海外の取引所で購入します。国内でもAllcoinという取引所で取引可能なので、Auger以外あまり興味は無いという方はAllcoinでの取引をお勧めします。※Ploniexは英語表記なのでちょっと面倒ですね。ただPolonixは様々な仮想通化を取り扱っているのでAuger以外にも面白い仮想通貨がたくさんあり、好んで使用しております。
 

まとめ

私はAugerというシステムはとても素晴らしいと思っており、Augerで使用される仮想通貨Reputationを購入する人が増えてAuger自体の知名度を上げてほしいと切に願っています。ビットコイン自体少額から購入できるので興味がある方はぜひ初めていってくれれば嬉しいですね。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

3か月で7キロ痩せた私が行った、たった4つのこと~70キロ→63キロへ~

こんにちはKJです!
今回はダイエットについてです。
社会人になってブクブク太って悩んでいる方は多いのではないのでしょうか?
かくいう私も社会人になって数年で約7キロ太ったので「これはいかん」と思い
ダイエットに励み3か月で約7キロ痩せました。めちゃくちゃ頑張ったわけでも
なく一般的に言われているダイエット方法を実践したのですが意外とちょろかっ
たので私がしたことを共有します。たった3つの事を心掛けただけで7キロ痩せました!
個人差もあると思うのであくまで参考程度に見てくれたらと思います。
 
私のようなサラリーマンは多いと思いますので皆さまも実践していってスマートになってくれたら嬉しいですね。

私がダイエットのためにした3つのこと

・間食、糖分が含まれる飲料の摂取をやめる!

こちらが一番効果的な気がします。私もダイエットする前はお菓子も良く食べていたし
糖分が含まれている飲料も一日4、5本は軽く摂取していました。
しかし、間食をやめ、飲料については水、お茶、ブラックコーヒーなど糖分が含まれていない飲料のみ摂取することを心掛けたらどんどん痩せていきました。
 
どうしても社会人だと飲み会の機会が多いと思いますが、飲み会の席では、酒の中でも糖質が少ないハイボールばかり飲むようになりました。ビールは糖質・プリン体が含まれていますので良くないで
すね。私もダイエット前はビールばかり飲んでいましたが、ダイエット中ならハイボールがお勧めということを知り(お酒を飲まないのが一番ですが。。笑)、飲み会ではハイボールにシフトしました。
最初はハイボールも苦手でしたが、慣れたら全然抵抗が無くなりましたしおいしいとも感じるようになりました。
 
これってそんなにハードル高くないですよね?運動とか長続きしない私ですがこれはいつまでも継続できる気がします。

食事は必ず野菜から

こちらに関してはどこまで効果的か分かりませんが私の習慣の一つです。
お腹がすいている状態で食事をする際に、一口目に食べるものが一番吸収されるらしいです。
つまり糖分を多く含んでいるものを最初に口にすることで、後から食べるよりも糖分が吸収されやすく脂肪と化してしまうわけですね。一番好きなものをはじめに食べるという方は要注意ですね。始めは食物繊維を含むサラダから食べるようにしましょう。
食物繊維には脂質などの吸収を抑える働きがあります。私は食事の際には必ずサラダから食べるようにしています。吉野家や松屋でも必ずサラダを頼み一番初めに食べます。
 
気休め程度かもしれないですがこれくらいなら簡単に習慣化できますね。

・食事制限!低カロリー高タンパク質の食事を心がけよう

こちらも当然ですがダイエットには避けて通れない話ですよね。
私は結構誘惑に負けてしまうこともありますが、心がけるだけでも大分違うと思います。
 
私は今まで夕飯はコンビニ弁当などが多かったですが、現在コンビニで食事を済まようという際にはサラダチキン(鶏肉)で腹を満たし、米などの炭水化物を含む食事の割合を減らしています。
 
低カロリーは言うまでもないですが、高タンパク質なものを摂取する理由は痩せても筋肉量は減らしたく無いためです。
 
男性なら分かるはずですが痩せてもガリガリな体系って嫌ですよね。
 
飲み会の席では食事は自分の好きなメニューを組めないのでしょうがないですが、日常生活ではこういった事を意識するだけで大分違うと思います。

まとめ

私は運動の継続はできないタイプで私みたいな方はたくさんいると思いますが、少し日常生活で心構えを変えるだけで痩せる事は簡単だということに気づきました。
私が行っていることってそんなにハードル高くないはずです。運動も全然してないです。
運動した方が良いのは確実ですが、社会人で時間が無い方はちょっと意識を変えてみたらいかがでしょうか?
私は正直痩せるだけなら簡単だと思いました。健康的に痩せたい方は運動した方が良いですね。

仮想通化投資で初心者が3か月で20万の収益に至るまで

こんにちはKJです!
約3か月前に初めてビットコインを初めてから現在何だかんだ20万円ほどの収益になっております。2017年1月に21万円のビットコインを購入し、それからネットで情報収集をしつつ他の仮想通化にも手を出して、現在投資額から倍近くの資産になっているのはとてもラッキーです。
単純に仮想通貨市場が伸びていることが要因で私みたいな素人でも収益を出せているのだろうと思いますが、経緯やどのような通貨を購入して利益を得たか共有したいと思います。
少しでも参考になる点があれば幸いです。

購入通貨

2017/1 取引所Bitflyer(ビットフライヤー)にてビットコイン21万円分購入(1BTC₌105,588円)
2017/3 取引所Poloniex(ポロニエックス)にてXRP、STEEM、GAME、DASH、Rep購入
2017/4 取引所Bittrex(ビットレックス)にてTrigger、Waves購入
 
トータル投資額:21万円
トータル収益:約20万円相当(現在保有銘柄:ビットコイン、Trigger、Waves)
※一部は日本円に換金済みです。

どの通貨で儲けたか?

ビットコインがそもそも右肩上がりだったのでそこが大きいですが、収益率について言うとアルトコインのXRP(リップル)、STEEM(スティーム)が一番収益率が大きかったです。
どちらも購入時の価格から約3倍にまで伸び売却して収益を得ました。
(リップルに関しては現在、私が売却時の倍の価格になっているのでもう少し
保有しておけば良かったですね。。残念!)
他の通貨でいくとGAME、REPも購入時から1.5倍近くの価格で売却できているので
結構アルトコインは熱いですね。
 
基本的に私はアルトコインは分散投資をしているので個々の銘柄も全体の投資額で
いくと少額で、爆発的に利益をあまり生むことが無いです。しかし、チリも積もれば
でなんだかんだ投資額の倍近くの収益になっております。
(元々の投資額が大したことないのでえばれるほどのものでは無いですが。笑)

投資スタンス~分散投資で将来性がありそうな銘柄を保有~

ビットコイン
ビットコインについては価格の乱降下はあるものの長期的にみたらじわじわ上がっていくと思うので、長期保有するつもりでいます。
ただ、当然節目節目で相場に影響しそうなイベントがあるはずなので、日々情報を取り入れつつ短期的なピークを見極めて売り払い、底値で購入し、ビットコインの保有量を増やしていきたいと考えております。
 
直近の例でいくとビットコインが米国ETF(株式市場への上場)が認可されるか否かが議論になっており、認可されれば価格高騰、されなければ下落するという一大イベントがありましたが、結果認可されず価格下落しました。
 
私は認可されないだろうと思っていたので、認可可否判断の前で価格が高騰しているところで売り払い、認可が拒否され価格が下がったところで再度購入しました。
 
一時的に価格が下落する場面はあるものの長期的には上昇傾向にあるはずなので、いかに高い時に売り、安い時に買う事で保有量を増やしていくかがビットコイン投資のキモだと思っております。
 
相場に影響しそうな情報を日々仕入れ、ビットコインの保有量を増やしていきたいですね。
アルトコイン
基本的にはアルトコインを保有するにしてもいくつかの銘柄に分散投資するようにしております。
投資全般においての一般論になると思いますが、特に仮想通貨に関しては値動きが激しいので通貨がゴミくずと化す可能性も高いです。
なので分散投資して一つの銘柄がダダ下がりしても大きな痛手を負わないように数種類の銘柄をもち、リスクヘッジをしております。
 
また、保有する銘柄については自分なりに将来性が見出せそうなものや、コンセプトが面白いものに投資するようにしております。ズブの素人で購入動機も安直ですが、何となくでも、これ良さそう!と思えるものに投資することが後悔も少ないですしね。
 
ただ実際長期保有できず、大体そこそこ値上がりしていたら売ってしまうので1か月しないくらいで売っちゃう事が多いです。(感覚的に投資額から1.3倍以上になってる時点で売っちゃうかな?)
 
銘柄選びの動機ですが、私の例でいくと
 
XRP(リップル)
→通貨の送金に使用されるゲートウェイ的な通貨らしい。海外送金に時間がかかるなかでこの通貨を使えば便利になりそう。Googleも出資しているらしい。買おう。
GAME(ゲーム)
→オンラインゲームで使用される仮想通貨らしい。ゲーム市場はVR等で今後伸びていくだろうし、どんどん発展していきそうだ。とりあえず買っとこう。
Trriger(トリガー)
→スマートガン(認証技術を取り入れた銃)に使用される通貨らしい。無差別殺人や誤発射による事故などが海外で社会問題になっているなかでブロックチェーンの技術を駆使した良い試みだ。買ってみよう。(将来性については何とも言えないですが。。)
 
といった感じで購入しています。(陳腐な理由ですみません。笑)

今後の投資について~新興通貨への投資も積極的に~

仮想通貨市場はまだまだ伸びていくと思いますが、もう既にある程度の規模になってしまっている銘柄だけでなく新規上場やクラウドセールを行っている通貨に投資をしていきたいと考えております。
そっちの方がハイリスクハイリターンなので夢が見れますしね。笑
(アルトコインの時点で充分ハイリスクハイリターンですが。)
ただ新興通貨に関しては情報が少なく、海外サイトの方が多く情報が出回っているので、英語の勉強にも力を入れようと思っている今日この頃です。
こうやって投資をしてから勉強の幅が広がることは良いことですね!

まとめ

今回は初心者の私が行ってきた投資について紹介しましたがズブの素人でも何だかんだ収益は得られたので遊び程度に投資してみたらいかがでしょうか?
私も21万円しか投資していないですし、0円になることはまず無いです。遊び程度にやってみたら自分の興味の幅も広がるし小遣い稼ぎになるかもですよ!
ただ過度な投資はやめときましょう。あくまで失ってもいいくらいの金額でとどめておいたほうが精神衛生上良いですしね。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨取引所 まとめ~まずはBitflyerから入るのがお勧め~

こんにちはKJです!
皆さま仮想通貨の取引を行う際にどこの取引所を使用していますか?
国内、海外含めて仮想通貨取引所は多くあり、仮想通貨を始めるにしてもどこの取引所を使うか迷っている方のために私が使用してきた仮想通貨取引所の特徴であったり使用感について簡単にお伝えしますので参考にしてただけたらと思います。

国内取引所

Bitflyer(ビットフライヤー)
取り扱い通貨:Bitcoin、Ethereum(イーサリアム)
 
国内で一番メジャーな仮想通貨取引所と言っても良いのではないでしょうか?
 
取り扱い通貨はビットコインのみではあるものの、やはり規模が大きく知名度もあるため安心感はありますね。国内でビットコインの流通量がトップの取引所でが資金力があるのでその分セキュリティ面にも力を入れています。国内の取引所では一番安心して取引を行えると思います。
私はビットコインのみの取引だとBitflyerを使用しています。
 
購入・売却も簡単にできます。基本的にスマートホンで取引を行うことが多いのですが、購入・売却自体数分もしないうちに完了できます。まずはビットコインだけ試したいという方にお勧めです。
CoinCheck(コインチェック)
取り扱い通貨:Bitcoin、Ethereum(イーサリアム)、XRP(リップル)その他(合計9種の仮想通貨)
 
こちらも国内ではメジャーな取引所ですね。こちらは国内の仮想通化取引所では取り扱い通貨の種類の多さが特徴ですね。Ehereum(イーサリアム)、XRP(リップル)等、ビットコイン以外のアルトコインを取り扱っており、ビットコイン以外にも他のアルトコインも取引してみたいという方にはお勧めです。
 
私は基本的にビットコイン以外の仮想通貨についてはPoloniexという海外の取引所を使用しているのでCoinchekはあくまでサブの取引所として使用しています。
ビットコイン以外の通貨の相場(チャート)を見るときにはスマートホンでチェックしたりしています。
最近ではNem、Litecoin 、Dashも取り扱い可能になっており、取り扱える通貨の拡大にも力を入れているみたいです。しかし、やはり海外の取引所の方が種類豊富なので本当に本格的にビットコイン以外に手を出すのであれば、海外の取引所の方メインで使うのが無難な気がします。

海外取引所

Polonix(ポロニエックス)
取り扱い通貨:Bitcoin、その他(合計100種程度)
 
海外取引所ではメジャーな取引所みたいで、日本でもビットコイン以外の仮想通貨を取引したい方はこちらの取引所を使っている方が多いようですね。
何といっても取引通貨の扱い種類が多いのが特徴です。かなりの数があるので全然聞いたことも無いような通貨も多くあります。 私もアルトコインのDash(ダッシュ)を購入したくてこちらの取引所に登録して、今ではメインで使用しております。
 
私が今まで取引した通貨でいくとDASH(ダッシュ)、GAME(ゲーム)、XRP(リップル)、STEEM(スティーム)、Augur(オーガー)の売買をしてきましたが、売買やビットコインの送金等で困ったことは無いです。
今後もこちらをメインで使用していき、こちらで取り扱っていない通貨で売買したい場合はほかの取引所を使用する予定です。
Allcoin(オールコイン)
取り扱い通貨:Bitcoin QTUM(クアンタム)、DECENT (ディーセント)その他(合計21種)
 
こちらはカナダ発の取引所ですが全然使ったことがありません。笑
Qtum(クアンタム)という仮想通貨を購入したく取引所を探していて見つけた取引所になりますが結果購入できなかったので使用感はそこまで分かりません。
ただ、チャートや操作感が他の取引所と比べて私としてはあまり見やすくなかったのでこの取引所でしか扱っていない通貨を購入する以外で使用するつもりは無いです。
 
Bittrex(ビットレックス)
取り扱い通貨:Bitcoin その他(合計200種以上)
 
こちらはアメリカ発の取引所ですが、取引通貨種類が多く、新規仮想通貨も取り扱っているのが特徴です。
こちらはTrigger(トリガー)、Waves(ウェーブス)といった少しマイナーな仮想通貨を購入したく見つけた取引所になります。
上場したての通貨なども取り扱っておりマイナーな通貨も多いですが、大化けする可能性がある通貨が購入できるのでそこは魅力的ですね。(もちろんその分ハイリスクですが。)
Plonniex以上に取り扱い通貨の種類が豊富ですが、使用感については私的にはちょっといまいちです。
売買自体で不都合は無いのですが、スマートホンからサイトを見ようとするとうまく動作しません。
メニューバーがうまくスクロールできなかったり画面表示で全画面見れなかったり。。
単純に私の使い方や設定に問題ある可能性もあるのですがちょっとメインで使用するには操作感に難ありです。興味がある方は下記記事も参考に読んでいただければと思います。
 
結局どの取引所が良い?~初心者はBitflyerから入るのがお勧め~
私のお勧めとしてはBitflyerでまずはビットコインの売買を経験したうえでさらに本格的に他の仮想通貨にも手を出したくなったらPolinixへ移行するのが良いかと思います。
 
Bitflyerをお勧めする理由としてはビットコインの取引量も国内トップであり、資金力もあるためセキュリティ面で安心だからです。
 
また、基本的にビットコイン以外の通貨を購入する際には通貨の種類によりけりですがBitcoinでしか購入できない通貨が大半です。
現在日本円で購入できるのはビットコインくらいで、他の通貨に手を出そうとするとどうしてもまずビットコインを購入しなければなりません。なのでまずは国内大手の取引所でビットコインの売買、送金方法に慣れていってそこからPoloniexで他の通貨に手を出していきましょう。
海外の取引所については英語での記載なので慣れるまでは大変かもしれないですが、Poloniexについては調べれば登録方法、使用方法についてやさしく説明してくれているサイトもあるのでそこまでハードルは高くないはずです。あとは購入したい通貨によって必要であれば他の取引所を使用していくのが良いかと思います。
まずは少額で良いと思うの売買に慣れていきましょう!
 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Acer Switch Alpha12 レビュー~まだ購入から1か月だがいい買い物だった~

 

こんにちはKJです。今回はいわゆるPCのレビューものになりますが、購入して使用感が良かったので購入に至る経緯と使用感について共有できればと思います。
PC選びで迷っている方はぜひ候補の一つに!
 
f:id:abarabobblink:20170420212619j:plain

購入PCスペック

CPU:core-i3
メモリ:4GB
ストレージ:SSD128GB
OS:Windows10 HOME
サイズ:12インチ
重量:約1.25Kg(キーボード込)
購入価格
64113円(500ドル)
※メーカーサポート無し。
購入先
米国Amazon

本PCのスペック

私は社会人になってから私用PCというものを所有していなかったのですが、ブログその他で私用したいと考え購入をしようと決意し、本PCの購入をしました。
サイズ
・持ち運びができるかつある程度見やすい画面の大きさ(12インチ)
スペック
・低すぎず高すぎずなスペック(CPUはcorei3以上、SSD搭載)
価格
・価格は8万円以下
 
Acer Switch Alphaは上記のスペック、価格ですが、私の要望をすべて満たしていたので購入に至りました。
それぞれ迷った点がありましたが、
 
・サイズ
私は良くカフェやファミレスで勉強や読書をすることが多く、同様にPCを購入したら外で使用する事が予想されたので持ち運びができるサイズは必須でした。その時点で15インチは除外です。ネット上で見ると11インチと13インチだったら13インチをお勧めする意見が多く、13インチを購入するつもりでいましたが、Acer Switch 12は12インチとちょうど良さそうなサイズだったので購入に至りました。
 
使用感としては持ち運びにはぴったりで何にも苦は無いです。キーボードを打つにも全く狭いとも感じないですし画面サイズも大きすぎず小さすぎずです。サイズについてはもうちょっと軽いと有り難いですが全然許容範囲です。
(同様のタブレット2IN1型PCではMicrosoftのSerfeceは1㎏未満ですがそこは価格を考えたらしょうがないかと。)
 
・スペック
スペックについては私の用途としてはネットサーフィン、ブログ作成、ちょっとしたプログラミング練習を想定しており、CPUに高度な負荷をかけるような用途は想定していなかったのでそこまで高性能のPCは求めていませんでした。
(プログラミングにはまったら話は別ですが。)
かといって購入してからやりたいことが増え、PCのスペックが追いつかないというのも嫌だったのでCPUはcore-i3以上、SSD128GB以上が欲しいと思っていました。
結果こちらもAcer Switch 12は満たしていたので良かったです。
 
ただ使用しているとメモリは8GBあった方が安心ですね。あまりネットでいくつもページを開いているとメモリの使用率的に若干動作が遅くなることがあります。
バッテリーは今のところ特に不満は無いですが、完全充電で5,6時間は持つかな?といった感じです。
私には充分です。
 
・価格
こちらも自分の希望金額を満たしていたので問題ないです。また、本PCは米国Amazonの輸入品で購入するのが一番安上がりと価格.COMで見たので米国Amazonに登録し購入しました。日本のAmazonで購入するより1,2万は安いです。ただし、海外Amazonで購入する際は、価格が安い代わりにサポート無し、配達が遅い(注文してから3週間程度)といったデメリットもあるので注意してください。
私はサポートはいらないので安くしたかったのと、特に急ぎで欲しかったわけではなかったので問題無いです。
唯一怖かったのは初期不良でしたが、使用して1か月ほどで今のところは特に問題無いです。

まとめ

今のところ私の要望は満たせているPCなので購入して良かったです。しいて言うならメモリは8GBあってもう少し軽ければ大満足ですが、そこは価格とのトレードオフなのでしょうがないです。アメリカのAmazonで買えばなんと6万円台!この通り価格は安いと思うので最悪使用感に不満があっても我慢できるかなーと思っていましたが、今のところ私には充分なスペックです。
今後動画編集や本格的にプログラミングを始めるとなった時に、メモリ増設や2台目のPCを購入検討するかといった感じですが、しばらくはこのPCを使うと思います!
また、今回の買い物で米国Amazonでの買い物は結構お得だという発見もあったので、今後家電など購入する予定があれば選択肢の一つに入れたいと思います!
 
やっぱり故障したとき不安だし保証期間は最低限欲しい!とい方は日本のAmazonで買うのが良いと思います。こちらは1年間のメーカー保証がありますし、2年保証期間の追加もオプションであります。ぜひ興味があればチェックしてみて下さい。
 

仕事ができないことが強み~プライドを捨てる事で見えてくる道~

こんにちはKJです!
皆さまは日々生活していくうえで自分の不甲斐なさを痛感することは無いでしょうか?
私も自分の能力の低さ、価値の無さに悲観することもありましたが考え方一つで見えてくる景色も変わります。仕事ができないと自覚するからこそ新たに発見できる事、自分の能力の無さが逆に自分の強みになるといった考え方もできると思います。
皆さま仕事で思い詰めている人や自己嫌悪に苛まれている方ががいたらこんな考え方すれば楽になるよっていう一つの例をお伝えします。

自分の能力が無いからこそ見えてくるもの

自分のあるべき姿を模索する

私はまだ社会人経験も浅くぺーぺーですが、日々自分の能力の無さを感じています。経験が浅いうちだから
こそより悲観的になっているところもありますが、それでも周りと比べて至らない事ばかりで仮に自分が
このまま会社にいても周りに貢献できないような気がしています。
「この会社ではお荷物的な存在になってしまうことは会社にとっても自分にとっても悪いことだ!」
 
そのように現在自分の属している環境で自分の能力を発揮できないという考えをもつと、「では自分が本当に貢献できる環境はどこか」という考えを持つようになり、自分がパフォーマンスを発揮できる環境を模索することに繋がります。
 
だからこそ私は不動産投資、仮想通貨、株、転職、ブログといった分野に興味を持ち、自分の活動の幅が広がったのです。
 
興味の幅が広がることで初めて本当に自分に適している環境を模索できるのです。
 
もし私がなまじっか仕事ができる人間だったら会社の中でいかに出世するかといった考えで仕事に取り組んでいたと思います。それもそれで憧れる部分もありますが、自分ができないと自覚してるからこそ視野が広がりました。新しい分野を開拓していくのはとても楽しいです。

失うものは無いと自覚する事で気が楽になる

誰しも働くうえで失敗してはだめだというプレッシャーを感じる機会は少なからずあるはずです。
その結果心の病を患う人を多々見てきました。
 
過度なプレッシャーを感じる事で、心身ともに疲弊してしまうケースはありふれている話です。
ではなぜ過度なプレッシャーを感じてしまうのか?
 
自分に期待しすぎです!責任感強すぎです!
 
責任感を持つことに関しては良いことですし、責任感が人を成長させるという考えに関しては特に異論はありません。私も自分なりに最低限の責任感を持って仕事に取り組んでいます。
 
しかし、過度な責任感を持つことはありません。
 
過度な責任感というものは、これは自分がやらなければならない、成し遂げなければならないという使命感から発生するものだと思っております。今までの経験から自分の能力をある程度価値のあるものと判断しているからこそ、「自分がやらねば周りに迷惑をかけてしまう」という考えに至っているのではないでしょうか?
 
しかし、自分の能力の無さを自覚していると「自分ができる範囲で頑張ります。ただ結果失敗してもそれは私の能力の限界です。それも経験として自分の糧にします。」と割り切れて少しは気が楽になるはずです。
 
能力があろうが無かろうが失敗することなんて誰だって絶対あります。
だったら絶対成功してやろうと考えるのでは無く、自分のできる範囲で善処し、結果失敗してもそこが限界だと考え、自分でコントロールできる範囲を明確にしていく事の方が私にとっては大事です。
無理に背伸びをしすぎず徐々に背伸びをしていきたいですね。心身に影響が出るのが一番良くないです。
 
 

総論

仕事ができる人ってうらやましいです。自信に満ち溢れている人ってかっこいいです。
しかし世の中には自分に自信をもっている人の方が少ないはずだと思っております。
 
それだったらその自信の無さ、能力の無さを一つの強みと考えて自分の生き方を模索することもできるはずです。変なプレッシャーに悩まなくていいんです。
ちょっと考え方を変える事で私は気楽になりました。
変に思い詰めている方がいたら、ちょっと考え方を変えて気楽に生きてほしいです。
少しでも生き生きとした方が増えて世の中もっと活気にあふれる事を切に願います!