平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜.com

平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜

お金にまつわる話、また自分らしく生きるための意見を発信するブログ

仮想通貨は長期保有?短期保有?

こんにちはKJです!
 
仮想通貨でアルトコインなんかに投資していますが、以前保有していた通貨や購入しようとした通貨が軒並み高騰してたりでちょっと悔しい気持ちになっています。
 
仮想通貨や株の投資を行っていると「ああもっと保有しておけば。。。」と思う事が多いですね。
 
これは情報収集が足りていないのと先見の明が無い自分の問題ではあるのでしょうがないですね。
 
本当に売り時は難しいですよね。
 
今回は仮想通貨に関しては短期保有か長期保有が良いのかについて考えてみました。
 
人それぞれの意見がありますが、あくまで一つの意見として参考にしていただければと思います。

長期保有の方がお勧め

結論から先に言うと僕は中長期保有をお勧めします。
 
仮想通化に関しては値上がり幅が他の投資対象より半端無いからです。
普通に上場から数か月後には数倍、もしくは数十倍になる仮想通化もたくさんあります。
 
短期売買の場合でもボラティリティが高い仮想通貨に関しては充分な利益を得る事ができますが、より大きな利益を得ようとするのであれば、長期保有の方が夢があります。
 
後は短期売買は毎日チャートとにらめっこしなきゃいけないので面倒ですしね。
 
また、僕のケースですが基本的に「もっと保有しておけば良かった」と思う事が大半です。
 
実際僕が以前保有していたXRP(リップル)、Auger(オーガー)、Game(ゲーム)、Trigger(トリガー)..etcについては僕が売却した時よりも普通に値上がりしています。(もちろん売却時より下がっていることもありますがあくまで一時的なもので基本は大半が値上がりしています。)
 
一番近々の話だとTriggerについては1月前くらいに売却したのですが、ここ1週間くらいで高騰しており一時は購入時の5倍程度に上がっていたりと良い感じですね。
基本的にはこれから需要が出てきそうな通貨だったり、コンセプトが面白い仮想通貨に投資してじっくり上がるまで待つというスタンスで僕は投資しています。

長期保有は売り時が難しい

長期保有をお勧めするものの売り時は難しいですね。
 
自分で「〇%利益でたら売る」って決めれば良いだけの話なんですが、仮想通貨に関しては天井が分からないので早く利確するのももったいない気もしちゃうんですよね。
 
僕なんかはアルトコインは大体投資額の3割くらいでも上昇すれば普通に売る事が多いですが、もう少し待ってれば倍になっていたとかもちょくちょくあります。
 
前述した通りTrrigerなんかは売却を後3週間待っとけば売却額が購入額の3割増どころか5倍になっていたかもしれないわけですよ。
 
ちなみに保有はしていなかったのですが、仮想通貨のQtumはもっと半端ないです。買おうとして失敗した記事を以前書きましたが、ICO当初から数十倍に値上がりしており今じゃ仮想通貨の取引量ランク11位ですからね。
 
0.5BTCくらいは突っ込む予定だったので、もしぶち込んでいれば今の相場でいくと1000万円レベルで利益が出ていたようです。買えなかったことが結構悔しいです。
 
投資の世界で「もしこうしていれば。。。」なんて泣き言言うのもアホらしいのでこのくらいにしておきますが、仮にQtumを購入できたとしていても値上がりが数十倍になるまで待てず、頑張って待っても数倍程度で売却していたと思います。
 
恥ずかしい話、どのタイミングで売ればいいかってのは僕の中ではいまだに明確に定まっていないですね。
皆さんはどういった考えで投資をしているのか気になるところですね。

まとめ

仮想通貨は上昇する通貨は本当に数十倍まで行くので価格上昇しているをどこで売るのかってのは悩みどころですよね。(利益確定、損切りのタイミングが難しいのは投資全般に言える事ですが。)
 
初めてビットコインに投資して適当に他のアルトコインに手を出しているうちに、何だかんだ今じゃ投資額が4倍くらいにはなっているので割と満足はしています。しかし、悲しいかな人の欲望は際限が無いですね。もっと増やしたいです。
 
もはや2,3ヵ月チャートを見ないで、しばらく放置してみるとかも普通にありなような気がしてきました。
 
少しの利益が出たら売ってしまいがちな僕にとっては、購入した仮想通貨の相場チェックをやめ、しばらくしてから確認してみるとかも面白いかもしれないです。
 
既に投資額以上の金額を現金化しているので余剰分で保有している残りの仮想通貨は最悪0円になっても仮想通貨投資で負けはもう無いので、精神衛生上もそんなに影響ないですしね。
 
何はともあれまだまだ仮想通貨市場全体が上向きなので興味がある方はぜひビットコインから購入して他のアルトコインなんかにも投資してみて下さい。

僕は国内の仮想通貨取引所だとBitflyerを使っています。 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

関連記事

仮想通貨取引所 まとめ~まずはBitflyerから入るのがお勧め~ - 平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜

 

ブログ開設5ヵ月でついに100記事達成!ブログを続けていて思う事。

こんにちはKJです!
 
ブログ開設から5ヵ月経過しようやく100記事達成しました!
100記事はあくまで通過点ではありますが、やはり一つの節目なので嬉しいですね。
 
僕の記事を少なからず読んでくれる方がいたから100記事まで書くことができました。
スターをつけてくださったり、コメントをくれた方もブログを続けていくうえで非常に
励みになりましたのでありがとうございます!
 
「まずブログ初心者は100記事を達成しよう」という風潮がありますが、実際100記事
に到達するまでの経緯とか自分の中で変わったことなど今回は共有します。
 
ブログを始めようとする方や始めたばかりの方は参考になればと思います。

100記事達成までの経緯~ブログを続けて気づいたこと~

読者からのリアクションがあるととても嬉しい

始めたばかりの時は1日一桁のアクセスが続いたので誰も見ていない感があり寂しいですが、記事を書いていく内に読者からスターをつけてもらったり、コメントをもらったり、ブックマークもらったりすると非常に嬉しいです!
 
やはりブログをやっていて面白いのは読者とのつながりを感じる時でしょうかね。
 
1番嬉しかったのはブックマークもらったときですかね。
 
下記の村上春樹氏についての記事です。この記事を書く前は1日のPV数は数十程度でしたが、書いた翌日は300PVくらいになりました。

記事を書くスピードは圧倒的に早くなった

 
記事を書くスピードが格段に速くなりました。
 
僕はすべて1000文字以上の記事を書くようにしていますが、始めたてのころは「何をどういう構成で書けば1000文字も書けるんだ!」と結構悩んで時間を使っていました。
 
しかし、記事を書くのに慣れてくると何となく自分の中で定型的な構成が決まってきますし、1000文字くらいはつらつらと普通に書けるようになってきます。
 
どちらかというち今は文章が長くなりすいないように無駄な文章を省くように気を付けるようになりました。
 
これは良い変化ですね。
 
また、記事のテーマもそんなにこだわらなくなったのも大きいですね。初期は何をテーマに記事を書く決めるのも時間を使っていましたが、最近では「何かしら伝えたいことがあればテーマなんて何でもいいんじゃね?」というスタンスです。
 
これは需要ないだろうなと思って適当に書いた記事に意外とリアクションがあったり、逆に頑張って書いた記事に全然アクセスが無い事もあったので、テーマにこだわらず記事を書いていく方向性にしようと思っています。(もちろん記事の質は意識していきたいところです。)

上位の数記事がアクセス数の8割を占めている

100記事書くとある程度アクセス先ページは分散されるのかなーと思っていましたが、僕の場合は上位5記事でアクセス数の8割を占めています。
 
特に下記の仮想通貨の記事で現在のPV数の半分を占めています。
 
しかも上位4つは全て仮想通貨に関する記事。なんという仮想通貨パワー。。。
 
あと僕はSNSとブログを連携させていないので9割以上が検索流入です。

100記事達成しても予想以上のアクセス数アップにつながらなかった

100記事到達前後でそんなにアクセス数の変動は無かったですね。どちらかというと90記事前後でアクセス数が少し増えたくらいでしょうか?大体現在は1日50~150PVほどを推移しています。
 
今月は2000PVってとこですかね。うーん、まだまだですね。。。
自分の中で改善すべきポイントがあるという自覚はありますので、地道に改善していきつつ記事を量産していくしかないですね。
 
「初心者は100記事まではとりあえず書け」という噂が巷では流れていますが、僕の場合はこんなもんです。「100記事で〇万PV達成!」って記事は良くみますが、まあ少数派でしょうね。(と信じたい。笑)

今後の目標

とりあえず「ブログ開設から1年以内に200記事と月間1万PV達成」が目標です。
 
アクセス数を増やすために今後何をしようかというところですが、僕は割と基本的な事が出来ていないので下記の事を行っていけばまだまだ伸びしろはあると思っています。
 
カテゴリーの修正
記事のジャンルも増えてきたので、当初に設定したカテゴリーの分類が適切でなくなってきているような気がします。ここは記事数を増やしつつ、適切なカテゴリー仕分けをしていきたいと思います。そちらの方が読者にもやさしいですしね。
 
ツイッター連携
僕はブログはSNSと連携させていないのですが、基本的にブログをやっている方はツイッター等ど連携させてSNSからの流入も心がけている方が多いです。
 
僕はそもそもツイッターをやっていないのでアカウント作成して連携させようと思います。
記事のリライト
記事を書いてから少し期間がたつと情報が陳腐化している記事だったり、もしくは手直ししたい記事なんかも出てくるでしょう。まだあまり書いた記事のメンテナンスをやりきれていないので記事のリライトも今後定期的に行わねばなりません。
 
サイトのデザインを洗練化させる
僕のブログはお世辞にもデザインが良いとは言えないです。美しいデザインでもないですし、アイキャッチ画像なども滅多に使わないです。
デザインは読者の目を引くうえでかなり重要だと思いますので、サイトのデザインなんかもどこかのタイミングで改変していきたいです。

まとめ

今のところPV数も少ないですし、収益なんて皆無に等しいですがそれでも僕は「ブログを初めて良かった!」と自信を持って言えます。
 
自分の思う事を発信して誰かが記事を読んでくれたり、リアクションしてくれるのが僕にとってはとても嬉しいことです。
 
もちろん収益化もしていきたいところではありますが、少なからず記事を読んで共感してくれたり、何かの役に立った方などがいればそれだけでブログを続けている意味があります。
 
てことで引き続きよろしくお願いします!

Tシャツの汗染みが気になる方はナノ・ユニバースのAnti Sokedがお勧め

こんにちはKJです!
 
僕はかなりの汗っかきで特に脇汗がひどいんです。
夏なんかはTシャツの脇に大きな染みができてしまうほどです。とても恥ずかしい思いをします。
 
そんな中でナノユニバースの汗染み防止Tシャツ「Anti Soked」を購入してみたのですがこれが非常に優秀で感動しました!
 
何でもっと早めに気づかなかったのだろうと思ってしまうほど素晴らしいです。
 
衣服の汗染みが気になる方はぜひチェックしてみて下さい!

Anti Sokedは本当に汗染みしない!

Anti Sokedを購入して初めて1日通して来たは感動しました。本当に汗染みがしません。
 
僕は夏場の太陽が照り付ける蒸し暑い日なんかは、だれがどう見ても脇汗かいてるのに気づくレベルでTシャツに汗染みしていたのですが、Anti Sokedはそれでも染みができませんでした!
 
特別な生地表面への加工を施しているのと、裏面に吸水加工を施していることにより、裏で汗をかいていても表面上は濡れて見えないような作りになっているようです。
 
実際Tシャツを着ていて汗をかいているものの、表面には染みてこないんですね。
 
着心地も普通のTシャツを着ている感覚です。特にAnti sokedの作りによって違和感があることは一切ありません。
 
僕は多分夏場のTシャツはもうAnti Soked1択になってしまうレベルで惚れてしまいました。
 
デザインもシンプルなので特に言う事もありません。
 

Amazonで購入しました

とあるブログを読んでいてこのTシャツのレビューを見つけてAmazonにて購入しました。
脇汗かく方に向けて非常にためになるブログなのでもし興味がある方はチェックしてみて下さい。
 
 
購入金額は4000円ちょっとです。セール期間なんかもあるようですが僕が購入しようと思ったタイミングではセール中ではなく、定価で購入しました。
 
どうやら楽天やゾゾタウンなんかだとセールで売り出されているみたいですが、残念ながらほぼ在庫なしです。
 
しかし、僕にとってはこのTシャツは定価だろうが全然悔いは無いですね。クオリティを考えたら4000円程度なんて普通に喜んで払うレベルです。

 

まとめ

今まで脇汗で悩んできましたが、このようなTシャツに巡りあえて良かったです。
 
汗っかきにとっては夏場は不便に感じる事が多いですが、このTシャツがあれば悩む必要も無いですね。
 
プライベートでは夏はこのTシャツで乗り切りたいと思います。
 
しかし、仕事時はまだ良いインナーに巡り会えていないです。汗染み防止インナー何かを使ったりしていますが、正直そこまで効果は無いんですよね~。何か良いのと出会えればいいのですが。

仮想通貨 Stellar(ステラ)と無料配布について~買ってもないのなぜか保有していた~

こんにちはKJです!
 
僕は仮想通貨を購入する際は海外の仮想通貨取引所Bittrex(ビットレックス)を使用しているのですが、ちょっと前に購入してもいないのになぜかXLMという仮想通貨が残高に入っていました。
 
気になって調べてみたのですが、どうやらステラという仮想通貨のようでビットコイン
保有者に無料で配布しているキャンペーンのようなものを行っていたようですね。
 
さてこんなきっかけでステラという仮想通貨と無料配布について調べてみましたので共有します。

仮想通貨Stellar(ステラ)とは

あの仮想通貨取引所マウントゴックスの創業者の一人である、ジェド・マケーレブ氏が創った仮想通貨が「 Stellar(ステラ)」です。
 
通貨の単位はXML(ルーメン)という単位で売買されています。
 
送金機能に特化している仮想通貨であり、ステラのネットワーク上で送金を短時間(2秒~5秒)で行えるそうです。
 
概念はリップルとほとんど同じようですが、ステラは誰にでも使えるような個人向けサービスを目指しています。少額でもスマホなんかで個人で送金できるようなコンセプトですね。また、ステラについては非営利組織で運営されているのもリップルとは大きな違いですね。
 
安い手数料でどの国の法定通貨も問わず、メールを送る感覚で瞬時に送金を可能にする仕組みを構築しているんですね。
 
XMLという通貨をネットワーク上で保有し、円やユーロやドルなどを引き出せたり、送金したりできる仕組みを目指しているのです。
 
また、価格変動リスクを極力減らすために、毎年1%の発行量増加しています。通貨の発行を徐々に増やしていくことでインフレ対策を行っています。(実際ここ1ヵ月で高値と底値に倍開きがあるなど、普通に変動はしているのでどこまで効果があるのか不明ですが。)

ステラ無料配布について

ステラの公式ページを見てみると95%が無料配布されるようですね。(残りの5%は運営費に使用するようです。)
 
なぜ無料配布しているかというと、ステラのコンセプトである「誰にでも使用できるプラットフォーム」を目指し、様々な人にステラへの使用を誘導するためです。非営利団体だからこそできる事ですね。
 
内訳としては50%はステラユーザーへ、25%は非営利団体へ、20%がビットコイン保有者へ配布といった感じです。(ビットコイン保有者と記載していますが、厳密に言うと19%のビットコイン保有者と1%のリップル保有者に配布されます。)
 
上記の配布対象者の通り、僕もビットコインの保有をしているため知らないうちに無料配布されていたわけです。
 
どうやら個人の場合申し込みをして配布される、もしくは特定の仮想通貨取引所に預けて自動的に配布されるというパターンのようですね。
 
ビットコインの保有量によって配布される額は違いますが、僕の場合は292XLMの配布でした。(大体400円くらい。)
 
詳しくは公式ページに記載していますので、興味がある方はチェックしてみて下さい。
 
 

まとめ

気がついたらなぜかステラが口座残高にありましたが、無料配布といった背景があったんですね。
知らなかったです。僕みたいな情報弱者は最新動向に疎いので投資に向いていないかもしれないと思っちゃいます。(笑)
 
注目されている通貨ですし、便利なプラットフォームだと思うので、今後どのように展開されていくのか気になるところですね。
 
しかし、仮想通化の公式ページを英文で読むのはなかなか疲れますね。スムーズに読めるようになると情報収集のスピードが格段に上がりそうです。
 
仮想通貨に興味があるかたはまずは国内の仮想通貨取引所でビットコインを購入するところから始めて見て下さい。僕のお勧めはBitflyerです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

仮想通貨取引所 まとめ~まずはBitflyerから入るのがお勧め~ - 平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜

フィリピンのバロットがめちゃめちゃ美味しい

こんにちはKJです!
 
皆さんはバロットもしくはホビロンの存在はご存知でしょうか?
 
鳥になりかけのゆで卵です。知っている方は知っていると思いますが、結構見た目がグロいです。しかし、これがまた美味しいんです。
 
僕はフィリピンのセブとベトナムのホーチミンで食べたことがあります。
フィリピンではバロット、ベトナムではホビロンなんて呼ばれ方がされています。
 
もし東南アジアに行く機会があれば探しだして食べてみて下さい。この美味しさを味わってほしいです。
 
僕ははまってフィリピンに2ヵ月くらい滞在していた時はかなり食べました。
1日3個くらい食べたこともあります。

バロット(ホビロン)とは

バロットとは孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵です。
アヒルの産卵から10~20日間ほど経過したものを蒸すか、茹でるそうです。
調べてみるとアヒルの産卵から18日目の卵がもっとも美味とされているらしいです。
 
羽化する直前なので、見た目は取りになりかけの姿で丸っこい形をしていて結構グロいです。

バロットの食べ方

食べ方ですが、まず卵の先端を指で穴を空け、そこに塩、酢なんかをちょっとだけ入れて中に入っている汁を飲みます。
 
これがめちゃくちゃ美味いんですよね!(何とも例えないようの味ですが。)
 
汁を飲んだ後は殻を破り、これまたお好みで塩、酢などをかけて食べます。これまた不思議な味ですが美味しいです。ウズラの卵に近い味や食感ですかね。
 
卵の孵化状態によっても味が変わってくるようですが、僕はあまり味に差異を感じませんでした。
 
知り合いのフィリピン人に教えてもらったら性欲なんかも強まるそうですね。滋養強壮に良いらしいです。僕は1日3個食べる日もありましたが、そんなにみなぎる感じはしなかったです。(笑)

バロットは東南アジア(フィリピン、ベトナム)の屋台で食べれる

 
東南アジアでもバロットはフィリピン、ベトナムで食べれます。他でもあるところはありますが、この2ヵ国がメジャーみたいです。(僕は確かカンボジアでも食べたような記憶があります。)
 
しかし、屋台自体でも至るところで売っているわけでは無いようなので、見つからない場合は屋台の人に聞いてみるなりして探してみて下さい。
 
僕はフィリピンに滞在しているときは、たまたま滞在場所のドミトリーの近くにバロット屋のおばちゃんが夜に週4、5日くらいの間隔で来ていたのでラッキーでした。
 
ベトナムではあまり売っている屋台が無く、屋台のおっちゃんに聞き込み調査をして回っても見つからないこともありました。
 
値段は覚えていないですが、1個100円もしなかった気がします。

まとめ

バロットは見た目がグロいので僕の周りでは気持ち悪いから食べないという人もいました。もったいないです!こんなにおいしいのに。
 
しかし、東南アジアのローカル屋台って安くて美味しいので有り難いですね。
1食200円もせずに美味しく腹を満たすことができますからね。

フリー参加で初のサバゲーやってきた

こんにちはKJです!
 
皆さんはサバゲーやったことありますか?迷彩服来てエアガンでバンバン打ち合うやつです。
 
先日サバゲーに参加する機会があり、秋葉原のAsobiba(アソビバ)という屋内でサバゲーができる場所に行ってフリー参加で遊んできたのでサバゲーの流れや雰囲気などについて共有します。
 
僕も子供ころは近所の友達とエアガン買いにいって打ち合いなんかも良くやっていたので、懐かしい気持ちになりましたね。
 
一人でも参加できるので興味がある方は遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

サバゲーのルール概要

サバゲーとはなんぞやというところについて軽く触れておきます。
サバゲーはゲームを行う用の服装、顔面を守るマスク、エアガンを装備して予め指定されている区画内で打ち合います。
 
基本的にはチーム戦で戦います。色々ルールやしきたりがあるようですが細かい内容は割愛し、原則的なルールについて簡単に記載します。
 
被弾したら自己申告
誰かが放銃した玉に当たったら自己申告制で申し出てフィールド外に出ます。
基本的には全身のどこか、自身の銃に当たったらアウトです。また、自分が打った玉が壁や障害物に当たって跳ね返って被弾してもアウトです。
 
打たれたら両手を挙げるなりして、もう打たれている事が分かるようなポーズでフィールドから退出します。
そうしないと無駄に被弾してしまいますからね。
 
自分で打った球が壁味方に打たれてもアウトです。
 
敵に気づかれずに背後に回ったら相手を退出させることができる
これは不用意に相手を打たないようにするためのマナーですね。敵の背後に回って相手に気づかれず方を叩く
なり「フリーズ 」と声をかけると相手を退出させることができます。
 
障害物から身を乗り出さない放銃は禁止
障害物に隠れて手を伸ばして銃だけ相手に向けて放銃は禁止です。ゲームも混着状態になってしまいますし、味方への放銃をする可能性が高くなってしましまます。
 

サバゲーを始めるまでの流れ

まずはルール説明を受けて、そこからゲーム用の服装にチェンジをします。
僕の場合は装備品はフルレンタルです。
 
今回僕は初めての参加だったのですが、初心者の方には銃の扱い方も教えてもらい、放銃の練習用スペースで打たせてもらいゲームに参加となります。
 
僕はフリー参加で行ったので、その場で集まっているメンバーでチーム分けをしてゲーム開始になります。
 
参加者は20代30代くらいの男性がほとんどですね。僕が行った時は女性もいらっしゃいました。

感想~面白いものの、はまりはしなそう~

初参加ではあったものの何だかんだ楽しめました。
敵とこそこそ打ち合うのは結構スリリングですね。何回もやっていくともっと面白くなっていくんだろうなと想像できます。
 
最初はちょっと怖いイメージ持っていましたが、被弾しても全然痛くないので安心して遊べます。(それはそれでスリリングさがあまり無いのですが。)
 
マスクはマストですが半袖Tシャツなんかで参加している方もいたのでよりスリルさを求めるならそういう服装でもありかもしれないですね。もちろん何かあっても自己責任で。
 
僕の場合初参加のサバゲーは楽しめましたが、今後どっぷりはまりそうには無いですね。
 
当然ちゃんとした場所でやると参加にもお金がかかるわけで、僕が参加した時は2時間程度遊び、装備品フルレンタルで4500円でした。まあ安くは無いですね。そういったことを考えると一回経験しときゃ充分かなーと思ったのが正直なところです。
 
今後やるとしたら仲間内で貸し切ってやるくらいですかね。
 
けど面白いことは面白いですし、はまる方はどっぷりはまりそうな印象を持ったのでぜひ興味がある方は一度参加してみて下さい。

仮想通貨投資の情報収集にQ&Aサイト「Quora(クオーラ)」を活用してみよう

こんにちはKJです!
 
僕は仮想通貨への投資をしていますが、仮想通貨投資をしている方はどのように情報収集をしていますでしょうか?
 
仮想通貨投資は価格の変動幅が大きいので常に最新情報に対するアンテナを張っている必要があります。
 
僕は短期保有よりは長期保有のスタンスなのでそんなに頻繁に情報収集するわけではないですが、やはり最新の情報収集や仮想通貨の動向が今後どうなるかはチェックしなければならないと痛感させられます。
 
僕は情報収集の手段の一つとして、Quora(クオーラ)というQ&Aサイトを使って今後の仮想通貨の動向について参考にしたりします。
 
記事がサイト上で登録したメールアドレスに送られてくるのですが、仮想通貨に限らず、経済やビジネス関連の記事も面白いのでぜひ興味がある方は活用してみて下さい。

Quora(クオーラ)とは~質の高いQ&Aサービス~

Quoraは元Facebookの所属の社員が立ち上げたQ&Aサイトです。
ソーシャルネットワークとQ&Aを組み合わせたサービスになっています。
 
Quoraは2009年設立、2010年にQ&Aサービスをスタートしており、回答の品質の高さが
評判を呼んで、口コミで広まっていったようです。
日本でもQ&AサービスでいうとYahoo知恵袋等がありますね。しかし、遥かに情報の
質が良いように感じます。

実名制であるがゆえ情報の質が高い

Quoraは実名制になっており、質問の回答者のパーソナルデータが公開されています。これはFacebookに近い制度ですね。
 
実名制であるが故、他の匿名制のQ&Aサービスより情報が信頼できますよね。
匿名であるがゆえに適当な回答をしてくる人もいないですし、ある質問に対する個人の洞察などが鋭いと感じる事が多いです。

専門家の意見を得ることができる

自分が興味をもっている分野の専門家をフォローができます。
参考になる意見を持っている専門家をフォローすることで、彼らの意見や洞察を逐一確認できます。

興味がある分野の質問・回答を配信してくれる

QuoraではQ&Aのジャンルがカテゴリー分けされているのですが、自分の登録したメールアドレスに興味のある分野の最新Q&Aのダイジェストを随時配信する機能もあります。
 
カテゴリーは政治、経済、教育、健康..etcと多岐に渡りますので、自分の興味がある分野の最新の情報を得る事ができます
 
仮想通貨でいくとQuoraでは「Cryptocurrencies」 「Virtual Currencies」というトピックに分類されています。

Quoraではどういった仮想通貨の情報が得れるのか

仮想通貨についてのQ&Aも様々ですが、基本的にはBitcoinやその他メジャーどころのアルトコインに関しての情報が得られます。
 
「Bitcoinは今後いくらくらいまで値上がりするのか?今買うべきか?」「現在投資すべき仮想通化は何か?」といったような質問に対する専門家の意見などが定期的に確認できます。
 
これはわざわざ自分でネットサーフィンして探さなくても、メールに配信されてくる情報にざっと目を通すだけでもある程度の現在の相場、最近どのようなイベントがあったのかが知れるので便利です。

まとめ

今回はQuoraについて簡単に紹介しましたが、仮想通貨投資を行う人にとっては逐一情報を入手できるのは便利ですよね。
 
仮想通貨の情報を定期的に配信してくれる団体も日本にも探せばあると思いますが、有料だったり、完全な個人の意見に閉じている可能性もあります。
 
Quoraでは一人の人間び意見だけでなく複数の専門家の意見が確認できるので、自分なりに信頼できそうな情報を精査できます。
 
また海外のメディアであるため英語表記ですが、そこまで専門的な用語がバンバン使われているわけでは無いので僕でも何とか読めます。(英語が苦手な方には少しハードルが高いかもしれません。)
 
「Knoh(ノウ)」というQuoraの記事の翻訳サービスも以前はあったようですが、今は稼働していないようですね。
 
仮想通貨の分野はやはり海外のメディアの方が情報が豊富なので英語がある程度できると結構広がります。
僕も英語勉強してどんどん情報仕入れていきたいと思う今日この頃です。
 
皆さんは仮想通貨の最新情報はどういったところから得ているのでしょうか。あまり周りに仮想通貨投資を行っている人がいないので気になるところです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

若手起業家の苦悩を描いた本2冊~信念と誠実さ~

こんにちはKJです!
 
僕はビジネス本を読むのが好きですが、今回は若手起業家の本2冊紹介します。
 
どちらも「起業から苦悩、挫折を経て成功していくストーリー」が描かれていますが、起承転結があり小説を読む感覚で読めます。
 
若手起業家ならではの苦悩や悲しみってのは僕の想像の及ばないところですし、環境が全く違うので本を読んでも共感できるポイントもあまり無いのかなーなんて思っていました。
 
しかし、少なくとも「一人の起業家として」ではなく「一人の人間として」の態度や行動というのは参考にできる点は多いです。
 
どちらも起業時の年齢が若いので20代の方が読むと感化されるところがあるのではないでしょうか?
 
興味がある方は是非読んでみて下さい!

ウィルゲート 逆境から生まれたチーム 著:小島 梨揮

本書はwebマーケティング支援事業をメインで行う「ウィルゲート」の創業者、小島 梨揮さんの本になります。
 
著書の小島さんが高校在学中からビジネスを行っていた経緯や、大学在学時に、現在ウィルゲートの専務取締役である吉岡さんと起業する経緯、そこからの挫折や苦悩、そして成功体験について描かれています。
 
個人での借金を1億円背負い込んだりと20代にして壮絶な経験をしている方ですね。
 
この本を読んで感じたのは、何か大きな目標に向かって行動するうえで「パートナー」の存在が重要である事、苦しい時も人に対して「誠実」である事の重要さです。
 
大学からのパートナーである吉岡さんの存在があったからこそ今のような企業に成長したのでしょう。起業当初から会社を大きくするために2人で寝る間も惜しんで仕事をしていた様子なども描かれています。
 
一つの目標に向かって苦楽をともに味わえる人間の存在はとても大きいんでしょうね。
 
また、借金を1億円背負っても社員、顧客のことを思い奮闘している姿も描かれています。多額な借金を抱えて会社が存続できないような状況でも、再起を可能にできたのは社員、顧客、出資者に対しての「誠実」な対応があったからこそでしょう。
 
様々なステークホルダが存在する「会社」という一つの組織でそれぞれの立場を思いやって行動していくのはかなり神経を削る事でしょうね。僕なんかの想像に及ばないほど大変な事だと思います。
 
僕も苦しい時でも、誠実である人間になりたいです。

起業家 著:藤田 晋

こちらはサイバーエージェントの創業者、藤田 晋さんの本になります。
本書の見どころとしては、起業してから、藤田さんが特に熱心に力を入れていた「メディア事業」を赤字から黒字に育てていく経緯がメインどころでしょうか。
 
サイバーエージェントが手掛けているメディア「アメーバ」は今でこそ有名になっていますが、黒字化させるまでの藤田さんの事業の将来性への不安や葛藤、また人間関係で苦労したことについて描かれています。
 
僕が本書の中で一番響いた言葉は、藤田さんが幻冬舎の見城徹社長から言われた言葉です。
 
「全ての創造はたった一人の『熱狂』から始まる」
 
やはり何かを成し遂げる人は、目標に対して注ぐ情熱の量が桁違いなんだなーと感じさせられました。
藤田さんにとっては情熱を注ぐ対象がサイバーエージェントという会社、そしてメディアの「アメーバ」だったのでしょう。
 
信念が強く情熱を注げば注ぐほど、自分の叶えたい目夢は叶えやすくなるはずです。
 
熱狂できるくらい成し遂げたい事がある人、強い信念を持っている人ってかっこいいですね。
 
藤田さん自身がブログを行い、「アメーバブログ」の改良も本人が案を出したりなんかもしていたみたいですね。
この辺りの経緯も本書で触れられているので、ブログをやっている方には参考になる点もあるでしょう。

まとめ

若手企業家の描いた本を読むとエネルギーがもらえますね。
僕と同い年のころには起業して上場なんかもしているなんて想像できないですね。
 
少なくとも本を読んで感じたのはどちらの方も、「信念」が強く「誠実」な人間であるという事です。
 
人から非難をされても、「絶対成功してやる!」というぶれない意思と、苦しい時でも周りの人間を思いやる誠実な対応があったからこそ、周りに優秀な方や情熱がある方が集まり、結果として企業も成長していったのでしょう。
 
僕もそういう人間を目指していきたいと思う今日この頃です。

不動産投資管理会社の選び方~大手か中小か~

こんにちはKJです!
 
先日僕は不動産を購入しましたが、現在も不動産に務めている方とお話する機会ちょくちょくあります。
 
不動産投資するにあたって不動産管理会社をどこにしようか迷う方も多いと思います。
 
僕が何人かの不動産管理会社の方とお会いして、大手の管理会社と中小の管理会社では特色が違うと感じました。
 
今回は僕が感じた大手と中小の管理会社の特徴の違いについて共有しますので、不動産投資に興味がある方、管理会社選びで迷っている方は参考にしてみて下さい。

大手不動産管理会社の特徴

紹介物件数が多い

大手なので当然保有物件数は中小の管理会社より多いです。
紹介物件数が多いということはその分購入できる物件の選択肢が多いので自分の希望に即した場所を選べる可能性が高いですね。
 
価格は置いといて、自分なりにある程度購入したい物件がイメージできている場合は担当者に伝えれば、希望の立地で紹介してもらえる可能性も高いと思います。
 
僕は以前大手の管理会社に物件の紹介を依頼したところ、一回のメールで10物件くらいの情報をPDFでいただけました。
 
しかし、大手さんは抽選で購入者を選んだりする場合もあるので希望の物件が見つかったとしても、その物件を買えるかは不明なところもあります。

バックアップ体制が整っている

地盤がしっかりしているので、管理会社として購入後のフォロー体制も整っている会社が多いです。
 
規模が大きいがゆえに広告代理店、不動産会社(売買の方)とのコネクションもあるので、中小に比べると空き室リスク回避対策や管理会社のノウハウも持っています。
 
バックアップ体制については大手の管理会社ならではの信用力がありますね。

出張営業などは行っていないところが多い

大手の管理会社はあまり出張営業などを行っていないところが多いですね。
基本的にオフィスに訪問し、不動産投資についての話を聞きます。
 
恐らく一人当たりの担当顧客が中小より多いのと、大手なのでセミナー等開催すれば人も来て客付けができるからでしょうか。

中小不動産管理会社の特徴

出張営業なども行ってくれる

中小の管理会社は出張営業を行ってくれるところが多いです。
近所のファミレスやカフェに営業しに来てくれるのは非常に楽ですね。
 
中小企業はどんどん契約者を増やしていきたいので、大手に比べると会社としてガツガツ営業できるような環境にあるのでしょうか。
 
なので大手に比べて親身な対応をしてくれくれるように感じます。

保有物件数が大手に比べて少ない

これは仕方がない話ですね。大手に比べると保有物件数の桁が違ったりもします。
 
購入物件の選択肢が少なくなってしまうのがデメリットにもなりますが、逆にまだ購入物件を絞り切れていない方はそんなに不都合に感じないのではないでしょうか。

大手も中小どちらでも良い~紹介してくれる物件の基準に選ぼう~

大手、中小管理会社の特徴について述べましたが、元も子もない事を言うと僕は「どっちでも良い」と思っています。
物件購入の際に、立地、売買価格、毎月のキャッシュフロー等の基準で自分なりに満足する物件を紹介してもらえるかどうかが一番大事です。
 
正直都内のある程度の立地であれば空き室リスクもそんなに無いので、バックアップ体制が整っている大手の管理会社を無理して選ぶ必要も無いです。
 
購入したい物件があるかどうかで管理会社を決めるのが一番です。
 
後は担当が営業が信頼できそうな方かどうかも重要ですね。
 
「購入したい物件がまだ全然固まっていない!」という方はいくつか不動産管理会社の方と会って物件紹介してもらったうえで精査してみて下さい。また、何人かの不動産営業の方と会ってみて信頼できそうな方を見つけてください。

まとめ

不動産投資にあたって管理会社の選定は、自分で様々な管理会社の方と話して吟味して決めていくのが一番でしょう。
友人が紹介してくれるパターンもあったりするのですが、必ずしも自分にとって合っているかは分からないです。
 
まずは自分でできるだけ情報収集しましょう!

仁川空港で乗り継ぎの時の過ごし方~SKY HUB LOUNGEかソウル観光~

こんにちはKJです!
 
会社の夏休みをいただき先日海外旅行に行きました。
まとまった休暇になるとやはり海外に行きたくなってしましますね~。
 
さて今回はjinair(ジンエアー)という韓国の旅行会社を使い、仁川空港で乗り継ぎになり、結構長い時間仁川空港にて時間をつぶさねばなりませんでした。
 
今回は乗り継ぎにて結構快適に時間を過ごせたので、もし仁川空港に乗り継ぎで行く際は参考にしていただければと思います。

SKY HUB LOUNGEにて過ごす

往路は空き時間が5時間ほどあったのでSKY HUB LOUNGEという場所で時間をつぶしましたが、かなり快適でした。
 
今後仁川空港乗り継ぎの時で時間に余裕がある場合はまたこのラウンジを利用すると思います。
仁川乗り換えだったら大韓航空やアシアナ航空なんかもありますね。もし機会があったら行ってみて下さい。

乗り継ぎの場合24ドルで食べ飲み放題!

SKY HUB LOUNGEでは乗り継ぎの場合24ドルにて搭乗までの時間を過ごすことができます。
しかも食べ飲み放題です!
食事はバイキング形式になっており、韓国料理がメインですが悪くないです。ビビンバも作れたり、辛ラーメンというカップラーメンも置いてあります。
 
また、ドリンクについてはビールも飲めるのでちょっとくつろぐにはもってこいの場所です。
 
24ドルという割と良心的な料金なので、単純に乗り継ぎとして時間がちょっとある場合は食事を取るがてらに行っても全然ありですね。

各席に電源設置

SKY HUB LOUNGEについては各席に電源があるので、携帯電話やパソコンを充電したい場合はとても便利です。
僕も携帯電話を充電しながらYouTube見てダラダラ時間過ごしていました。パソコン持っていけばブログなんかも書けたのでそれはちょっと後悔しています。
※仁川空港にはSKY HUB LOUNGEは2つあるのですが、僕が行った西ゲート側の方は電源設置してありましたが、もう片方はどうなっているか不明です。

韓国(ソウル)観光して過ごす

復路は8時間程度あったので、ソウルに行ってきました。
仁川空港からはソウルまでの直通電車があり、片道43分で行けるので、ある程度時間があればソウルまで行けてしましますね。
 
僕はほぼ下調べをしていなかったのでソウルでは食事をして街をちょっとぶらぶらして空港に戻りました。
ソウルに行って何かするとすれば最低でも6時間くらいの空き時間は必要ですかね。

まとめ

仁川空港は今まで何回か乗り継ぎをしましたが、ラウンジが結構安い金額で快適に過ごせるのは良い発見でしたね。
また、空き時間長ければ観光もできてしまうので、仁川空港乗り継ぎの場合はあえて空き時間が長い航空券を取って韓国の観光をするという選択肢もありです。
 
仁川空港は有名なHub空港らしく、時間の過ごし方は結構選択肢あって良いですね。