平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平凡サラリーマンからの脱出〜何ものにも依存せずに生きるには〜

平凡サラリーマンがいかに会社に依存せずに働いていくか

仮想通化投資で初心者が3か月で20万の収益に至るまで

こんにちはKJです!
約3か月前に初めてビットコインを初めてから現在何だかんだ20万円ほどの収益になっており
ます。2017年1月に21万円のビットコインを購入し、それからネットで情報収集をしつつ他の仮想通化にも手を出して、現在投資額から倍近くの資産になっているのはとてもラッキーです。
単純に仮想通貨市場が伸びていることが要因で私みたいな素人でも収益を出せているのだろうと思いますが、経緯やどのような通貨を購入して利益を得たか共有したいと思います。
少しでも参考になる点があれば幸いです。

購入通貨

2017/1 取引所Bitflyer(ビットフライヤー)にてビットコイン21万円分購入(1BTC₌105,588円)
2017/3 取引所Poloniex(ポロニエックス)にてXRP、STEEM、GAME、DASH、Rep購入
2017/4 取引所Bittrex(ビットレックス)にてTrigger、Waves購入
 
トータル投資額:21万円
トータル収益:約20万円相当(現在保有銘柄:ビットコイン、Trigger、Waves)
※一部は日本円に換金済みです。

どの通貨で儲けたか?

ビットコインがそもそも右肩上がりだったのでそこが大きいですが、収益率について言うとアルトコインのXRP(リップル)、STEEM(スティーム)が一番収益率が大きかったです。
どちらも購入時の価格から約3倍にまで伸び売却して収益を得ました。
リップルに関しては現在、私が売却時の倍の価格になっているのでもう少し
保有しておけば良かったですね。。残念!)
他の通貨でいくとGAME、REPも購入時から1.5倍近くの価格で売却できているので
結構アルトコインは熱いですね。
 
基本的に私はアルトコインは分散投資をしているので個々の銘柄も全体の投資額で
いくと少額で、爆発的に利益をあまり生むことが無いです。しかし、チリも積もれば
でなんだかんだ投資額の倍近くの収益になっております。
(元々の投資額が大したことないのでえばれるほどのものでは無いですが。笑)

投資スタンス~分散投資で将来性がありそうな銘柄を保有

ビットコイン
ビットコインについては価格の乱降下はあるものの長期的にみたらじわじわ上がっていくと思うので、長期保有するつもりでいます。
ただ、当然節目節目で相場に影響しそうなイベントがあるはずなので、日々そこは情報を取り入れつつ短期的なピークを見極めて売り払い、底値で購入し、ビットコイン保有量を増やしていきたいと考えております。
 
直近の例でいくとビットコインが米国ETF(株式市場への上場)が認可されるか否かが議論になっており、認可されれば価格高騰、されなければ下落するという一大イベントがありましたが、結果認可されず価格下落しました。
 
私は認可されないだろうと思っていたので、認可可否判断の前で価格が高騰しているところで売り払い、認可が拒否され価格が下がったところで再度購入しました。
 
一時的に価格が下落する場面はあるものの長期的には上昇傾向にあるはずなので、いかに高い時に売り、安い時に買う事で保有量を増やしていくかビットコイン投資のキモだと思っております。
 
相場に影響しそうな情報を日々仕入れビットコイン保有量を増やしていきたいですね。
アルトコイン
基本的にはアルトコインを保有するにしてもいくつかの銘柄に分散投資するようにしております。
投資全般においての一般論になると思いますが、特に仮想通貨に関しては値動きが激しいので通貨がゴミくずと化す可能性も高いです。
なので分散投資して一つの銘柄がダダ下がりしても大きな痛手を負わないように数種類の銘柄をもち、リスクヘッジをしております。
 
また、保有する銘柄については自分なりに将来性が見出せそうなものや、コンセプトが面白いものに投資するようにしております。ズブの素人で購入動機も安直ですが、何となくでも、これ良さそう!と思えるものに投資することが後悔も少ないですしね。
 
ただ実際長期保有できず、大体そこそこ値上がりしていたら売ってしまうので1か月しないくらいで売っちゃう事が多いです。(感覚的に投資額から1.3倍以上になってる時点で売っちゃうかな?)
 
銘柄選びの動機ですが、私の例でいくと
 
XRP(リップル
→通貨の送金に使用されるゲートウェイ的な通貨らしい。海外送金に時間がかかるなかでこの通貨を使えば便利になりそう。Googleも出資しているらしい。買おう。
GAME(ゲーム)
→オンラインゲームで使用される仮想通貨らしい。ゲーム市場はVR等で今後伸びていくだろうし、どんどん発展していきそうだ。とりあえず買っとこう。
Trriger(トリガー)
→スマートガン(認証技術を取り入れた銃)に使用される通貨らしい。無差別殺人や誤発射による事故などが海外で社会問題になっているなかでブロックチェーンの技術を駆使した良い試みだ。買ってみよう。(将来性については何とも言えないですが。。)
 
といった感じで購入しています。(陳腐な理由ですみません。笑)

今後の投資について~新興通貨への投資も積極的に~

仮想通貨市場はまだまだ伸びていくと思いますが、もう既にある程度の規模になってしまっている銘柄だけでなく新規上場やクラウドセールを行っている通貨に投資をしていきたいと考えております。
そっちの方がハイリスクハイリターンなので夢が見れますしね。笑
(アルトコインの時点で充分ハイリスクハイリターンですが。)
ただ新興通貨に関しては情報が少なく、海外サイトの方が多く情報が出回っているので、英語の勉強にも力を入れようと思っている今日この頃です。
こうやって投資をしてから勉強の幅が広がることは良いことですね!

まとめ

今回は初心者の私が行ってきた投資について紹介しましたがズブの素人でも何だかんだ収益は得られたので遊び程度に投資してみたらいかがでしょうか?
私も21万円しか投資していないですし、0円になることはまず無いです。遊び程度にやってみたら自分の興味の幅も広がるし小遣い稼ぎになるかもですよ!
ただ過度な投資はやめときましょう。あくまで失ってもいいくらいの金額でとどめておいたほうが精神衛生上良いですしね。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨取引所 まとめ~まずはBitflyerから入るのがお勧め~

こんにちはKJです!
皆さま仮想通貨の取引を行う際にに使用している取引所はどこを使用していますか?
国内、海外含めて仮想通貨取引所は多くあり、仮想通貨を始めるにしてもどこの取引所を使うか迷っている方のために私が使用してきた仮想通貨取引所の特徴であったり使用感について簡単にお伝えしますので参考にしてただけたらと思います。

国内取引所

Bitflyer(ビットフライヤー)
取り扱い通貨:Bitcoin、Ethereum(イーサリアム)
 
国内で一番メジャーな仮想通貨取引所と言っても良いのではないでしょうか?
 
取り扱い通貨はBitcoinのみではあるものの、やはり規模が大きく知名度もあるため
安心感はありますね。国内でビットコインの流通量がトップの取引所でが資金力があるのでその分セキュリティ面にも力をいれてます。国内の取引所では一番安心して取引を行えると思います。
私はビットコインのみの取引だとBitflyerを使用しています。
 
購入・売却も簡単にできます。基本的にスマートホンで取引を行うことが多いのですが、購入・売却自体数分もしないうちに完了できます。まずはビットコインだけ試したいという方にお勧めです。
CoinCheck(コインチェック)
取り扱い通貨:Bitcoin、Ethereum(イーサリアム)、XRP(リップル)その他(合計9種の仮想通貨)
 
こちらも国内ではメジャーな取引所ですね。こちらは国内の仮想通化取引所では取り扱い通貨の種類の多さが特徴ですね。Ehereum(イーサリアム)、XRP(リップル)等、ビットコイン以外のアルトコインを取り扱っており、ビットコイン以外にも他のアルトコインも取引してみたいという方にはお勧めです。
 
私は基本的にビットコイン以外の仮想通貨についてはPoloniexという海外の取引所を使用しているのでCoinchekはあくまでサブの取引所として使用しています。
ビットコイン以外の通貨の相場(チャート)を見るときにはスマートホンでチェックしたりしています。
最近ではNem、Litecoin 、Dashも取り扱い可能になっており、取り扱える通貨の拡大にも力を入れているみたいです。しかし、やはり海外の取引所の方が種類豊富なので本当に本格的にビットコイン以外に手を出すのであれば、海外の取引所の方メインで使うのが無難な気がします。

海外取引所

Polonix(ポロニエックス)
取り扱い通貨:Bitcoin、その他(合計100種程度)
 
海外取引所ではメジャーな取引所みたいで、日本でもビットコイン以外の仮想通貨を取引したい方はこちらの取引所を使っている方が多いみたいです。
何といっても取引通貨の扱い種類が多いのが特徴です。かなりの数があるので全然聞いたことも無いような通貨も多くあります。 私もアルトコインのDash(ダッシュ)を購入したくてこちらの取引所に登録して、今ではメインで使用しております。
 
私が今まで取引した通貨でいくとDASH(ダッシュ)、GAME(ゲーム)、XRP(リップル)、STEEM(スティーム)、Augur(オーガー)の売買をしてきましたが、売買やビットコインの送金等で困ったことは無いです。
今後もこちらをメインで使用していき、こちらで取り扱っていない通貨で売買したい場合はほかの取引所を使用する予定です。
Allcoin(オールコイン)
取り扱い通貨:Bitcoin QTUM(クアンタム)、DECENT (ディーセント)その他(合計21種)
 
こちらはカナダ発の取引所ですが全然使ったことがありません。笑
Qtum(クオンタム)という仮想通貨を購入したく取引所を探していて見つけた取引所になりますが結果購入できなかったので使用感はそこまで分かりません。
ただ、チャートや操作感が他の取引所と比べて私としてはあまり見やすくなかったのでこの取引所でしか扱っていない通貨を購入する以外で使用するつもりは無いです。
 
Bittrex(ビットレックス)
取り扱い通貨:Bitcoin その他(合計200種以上)
 
こちらはアメリカ発の取引所ですが、取引通貨種類が多く、新規仮想通貨も取り扱っているのが特徴です。
こちらはTrigger(トリガー)、Waves(ウェーブス)といった少しマイナーな仮想通貨を購入したく見つけた取引所になります。
上場したての通貨なども取り扱っておりマイナーな通貨も多いですが、大化けする可能性がある通貨が購入できるのでそこは魅力的ですね。(もちろんその分ハイリスクですが。)
Plonniex以上に取り扱い通貨の種類が豊富ですが、使用感については私的にはちょっといまいちです。
売買自体で不都合は無いのですが、スマートホンからサイトを見ようとするとうまく動作しません。
メニューバーがうまくスクロールできなかったり画面表示で全画面見れなかったり。。
単純に私の使い方や設定に問題ある可能性もあるのですがちょっとメインで使用するには操作感に難ありです。

結局どの取引所が良い?~初心者はBitflyerから入るのがお勧め~

私のお勧めとしてはBitflyerでまずはビットコインの売買を経験したうえでさらに本格的に他の仮想通貨にも手を出したくなったらPolinixへ移行するのが良いかと思います。
 
Bitflyerをお勧めする理由としてはビットコインの取引量も国内トップであり、資金力もあるためセキュリティ面で安心だからです。
 
また、基本的にビットコイン以外の通貨を購入する際には通貨の種類によりけりですがBitcoinでしか購入できない通貨が大半です。
現在日本円で購入できるのはビットコインくらいで、他の通貨に手を出そうとするとどうしてもまずビットコインを購入しなければなりません。なのでまずは国内大手の取引所でビットコインの売買、送金方法に慣れていってそこからPoloniexで他の通貨に手を出していきましょう。
海外の取引所については英語での記載なので慣れるまでは大変かもしれないですが、Poloniexについては調べれば登録方法、使用方法についてやさしく説明してくれているサイトもあるのでそこまでハードルは高くないはずです。あとは購入したい通貨によって必要であれば他の取引所を使用していくのが良いかと思います。
まずは少額で良いと思うの売買に慣れていきましょう!
 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Acer Switch Alphaレビュー~まだ購入から1か月だがいい買い物だった~

 

んにちはKjです。今回はいわゆるPCのレビューものになりますが、購入して使用感が良かったので購入に至る経緯と使用感について共有できればと思います。
 
f:id:abarabobblink:20170420212619j:plain

購入PCスペック

CPU:core-i3
メモリ:4GB
ストレージ:SSD128GB
OS:Windows10 HOME
サイズ:12インチ
重量:約1.25Kg(キーボード込)
購入価格
64113円(500ドル)
※メーカーサポート無し。
購入先
米国Amazon

本PCを購入しようとした経緯

私は社会人になってから私用PCというものを所有していなかったのですが、ブログその他で私用したいと考え購入をしようと決意し、本PCの購入をしました。
サイズ
・持ち運びができるかつある程度見やすい画面の大きさ(11インチ~13インチ)
スペック
・低すぎず高すぎずなスペック(CPUはcorei3以上、できればSSD搭載)
価格
・価格は8万円以下
 
私が求めていたPCに求めていた条件は上記でしたが、一応すべて満たしていたので購入に至りました。
それぞれ迷った点がありましたが使用感としては満足しております。
 
・サイズ
私は良くカフェやファミレスで勉強や読書をすることが多く、同様にPCを購入したら外で使用する事が予想されたので持ち運びができるサイズは必須でした。その時点で15インチは除外です。ネット上で見ると11インチと13インチだったら13インチをお勧めする意見が多く、13インチを購入するつもりでいましたが、Acer Switch 12は12インチとちょうど良さそうなサイズだったので購入に至りました。
 
使用感としては持ち運びにはぴったりで何にも苦は無いです。キーボードを打つにも全く狭いとも感じないですし画面サイズも大きすぎず小さすぎずです。サイズについてはもうちょっと軽いと有り難いですが全然許容範囲です。
(同様のタブレット2IN1型PCではMicrosoftのSerfeceは1㎏未満ですがそこは価格を考えたらしょうがないかと。)
 
・スペック
スペックについては私の用途としてはネットサーフィン、ブログ作成、ちょっとしたプログラミング練習を想定しており、CPUに高度な負荷をかけるような用途は想定していなかったのでそこまで高性能のPCは求めていませんでした。
(プログラミングにはまったら話は別ですが。)
かといって購入してからやりたいことが増え、PCのスペックが追いつかないというのも嫌だったのでCPUはcore-i3以上、SSD128GB以上が欲しいと思っていました。
結果こちらもAcer Switch 12は満たしていたので良かったです。
 
ただ使用しているとメモリは8GBあった方が安心ですね。あまりネットでいくつもページを開いているとメモリの使用率的に若干動作が遅くなることがあります。
バッテリーは今のところ特に不満は無いですが、完全充電で5,6時間は持つかな?といった感じです。
私には充分です。
 
・価格
こちらも自分の希望金額を満たしていたので問題ないです。また、本PCは米国Amazonの輸入品で購入するのが一番安上がりと価格.COMで見たので米国Amazonに登録し、購入しました。日本のAmazonで購入するより1,2万は安いです。ただし、海外Amazonで購入する際は、価格が安い代わりにサポート無し、配達が遅い(注文してから3週間程度)といったデメリットもあるので注意してください。
私はサポートはいらないので安くしたかったのと、特に急ぎで欲しかったわけではなかったので問題無いです。
唯一怖かったのは初期不良でしたが、使用して1か月ほどで今のところは特に問題無いです。

結論

今のところ私の要望は満たせているPCなので購入して良かったです。しいて言うならメモリは8GBあってもう少し軽ければ大満足ですが、そこは価格とのトレードオフなのでしょうがないです。金額的にいっても6万円台半ばと安い部類には入るので最悪使用感に不満があっても我慢できるかなーと思っていましたが、今のところ私には充分なスペックです。
今後動画編集や本格的にプログラミングを始めるとなった時に、メモリ増設や2台目のPCを購入検討するかといった感じですが、しばらくはこのPCを使うと思います!
また、今回の買い物で米国Amazonでの買い物は結構お得だという発見もあったので、今後家電など購入する予定があれば選択肢の一つに入れたいと思います!

仕事ができないことが強み~プライドを捨てる事で見えてくる道~

こんにちはKJです!
皆さまは日々生活していくうえで自分の不甲斐なさを痛感することは無いでしょうか?
私も自分の能力の低さ、価値の無さに悲観することもありましたが考え方一つで見えてくる景色も変わります。仕事ができないと自覚するからこそ新たに発見できる事、自分の能力の無さが逆に自分の強みになるといった考え方もできると思います。
皆さま仕事で思い詰めている人や自己嫌悪に苛まれている方ががいたらこんな考え方すれば楽になるよっていう一つの例をお伝えします。

自分の能力が無いからこそ見えてくるもの

自分のあるべき姿を模索する

私はまだ社会人経験も浅くぺーぺーですが、日々自分の能力の無さを感じています。経験が浅いうちだから
こそより悲観的になっているところもありますが、それでも周りと比べて至らない事ばかりで仮に自分が
このまま会社にいても周りに貢献できないような気がしています。
「この会社ではお荷物的な存在になってしまうことは会社にとっても自分にとっても悪いことだ!」
 
そのように現在自分の属している環境で自分の能力を発揮できないという考えをもつと、「では自分が本当に貢献できる環境はどこか」という考えを持つようになり、自分がパフォーマンスを発揮できる環境を模索することに繋がります。だからこそ私は不動産投資、仮想通貨、株、転職、ブログといった分野に興味を持ち、自分の活動の幅が広がったのです。
興味の幅が広がることで初めて本当に自分に適している環境を模索できるのです。
 
もし私がなまじっか仕事ができる人間だったら会社の中でいかに出世するかといった考えで仕事に取り組んでいたと思います。それもそれで憧れる部分もありますが、自分ができないと自覚してるからこそ視野が広がりました。新しい分野を開拓していくのはとても楽しいです。

失うものは無いと自覚する事で気が楽になる

誰しも働くうえで失敗してはだめだというプレッシャーを感じる機会は少なからずあるはずです。
その結果心の病を患う人を多々見てきました。
 
過度なプレッシャーを感じる事で、心身ともに疲弊してしまうケースはありふれている話です。
ではなぜ過度なプレッシャーを感じてしまうのか?
 
自分に期待しすぎです!責任感強すぎです!
 
責任感を持つことに関しては良いことですし、責任感が人を成長させるという考えに関しては特に異論はありません。私も自分なりに最低限の責任感を持って仕事に取り組んでいます。
 
しかし、過度な責任感を持つことはありません。
 
過度な責任感というものは、これは自分がやらなければならない、成し遂げなければならないという使命感から発生するものだと思っております。今までの経験から自分の能力をある程度価値のあるものと判断しているからこそ、「自分がやらねば周りに迷惑をかけてしまう」という考えに至っているのではないでしょうか?
 
しかし、自分の能力の無さを自覚していると「自分ができる範囲で頑張ります。ただ結果失敗してもそれは私の能力の限界です。それも経験として自分の糧にします。」と割り切れて少しは気が楽になるはずです。
 
能力があろうが無かろうが失敗することなんて誰だって絶対あります。
だったら絶対成功してやろうと考えるのでは無く、自分のできる範囲で善処し、結果失敗してもそこが限界だと考え、自分でコントロールできる範囲を明確にしていく事の方が私にとっては大事です。
無理に背伸びをしすぎず徐々に背伸びをしていきたいですね。心身に影響が出るのが一番良くないです。
 
 

総論

仕事ができる人ってうらやましいです。自信に満ち溢れている人ってかっこいいです。
しかし世の中には自分に自信をもっている人の方が少ないはずだと思っております。
 
それだったらその自信の無さ、能力の無さを一つの強みと考えて自分の生き方を模索することもできるはずです。変なプレッシャーに悩まなくていいんです。
ちょっと考え方を変える事で私は気楽になりました。
変に思い詰めている方がいたら、ちょっと考え方を変えて気楽に生きてほしいです。
少しでも生き生きとした方が増えて世の中もっと活気にあふれる事を切に願います!
 

無料不動産投資セミナーに行ってきた~無料はやはり無料~

こんにちはKJです。
私はいかに会社に依存せずに生活するかということを考えており、副業で会社と同程度の収入を得る事を目標としていますが、副業の選択肢として「不動産投資」に現在興味を持っております。てことで無料の不動産セミナーに参加してきたので内容、感想を共有します。

なぜ不動産投資セミナーに行ったか

・不動産投資の概要把握
・無料セミナーがどのようなものか知る
 
実際に他人のブログや書籍で不動産投資について現在学んでいるところですが、
セミナーには参加したことが無かったのでまずは無料のセミナーに参加してみて
雰囲気や有益なものかを肌で感じたかったので参加してきました。

セミナーの雰囲気

大体20人くらいはセミナー会場にいらっしゃいました。年齢層もバラバラで主婦で
あろう女性や僕と同じくらいの年齢層(20代半ば)の方もいました。女性が思った
より多かったです。また会場は新宿にあり、セミナー会場の内装は小奇麗で安心感が
ありました。

不動産セミナーの内容(全体90分)

・会社説明(15分)
まずセミナー主催の会社がどのような企業であるかの説明です。今回のは無料セミナーでしたが
有料セミナーではこんなカリキュラムで勉強していきますよーといった宣伝が主でした。
 
・不動産投資についての概要(40分)
不動産投資のメリットについての説明が主でした。今後老後にはいくらの費用が必要で、その貯蓄を
貯めるには不動産投資はすごいおすすめですよといった説明です。また、実際に有料セミナーの受講
をされていた生徒の成功例、逆に失敗例(セミナーを受けてればこんな失敗をしなかったという風に)
のインタビューVTRを流す等して不動産投資を身近に感じてもらうような工夫はされていました。
 
・ちょっとだけ具体的な内容(20分)
不動産投資を行ううえで基本的な知識についての説明です。
利回り、CF(キャッシュフロー)、レバレッジといった本当に初心者向けに用語の説明でした。
 
また、不動産投資にも区分マンション、1棟アパート、戸建て等、投資対象がいくつもありそれぞれ
メリットデメリットがあるとの事でしたが、それは有料カリキュラムにて説明するとの事でした。
 
また、初心者は不動産投資対象として利回り13~14%を狙うべきと説明がありましたが、講師の方は区分マンションを都内にいくつか持っており、利回りはもっと低いとのことです。
講師の方は資産価値に重きを置いており、都内の1等地のマンションは需要が高いので空室率が極めて低いそうです。
人それぞれ投資方法は違うらしく、実際に有料で受講している生徒も皆投資対象がバラバラであり、それぞれ収益を得ているらしいので特にこだわる必要は無いとの事でした。
 
有料カリキュラムで学んでいく内容の説明(10分)
有料で受講するならこのような事を学んでいきますよ、といった宣伝です。
ただ、学ぶ項目が多く、どのような事を学ぶ必要があるかは何となく知れてよかったです。
(銀行からの融資を受けるコツ、物件探しのコツ、税金対策等)

感想

やはり無料の内容はこんなもんか。といった印象です。
セミナーの内容も宣伝が多く、本当に不動産投資を始めるうえでの入口なので、全く知識が何もない方が不動産投資に興味を持つという意味では良いセミナーかもしれないですが、これから本格的に不動産投資を行いたいという方には物足りないかもしれないです。
基本的にセミナーで説明を受けた内容は全部ネットで仕入れる事ができる内容なので、私はあまり
勉強になったことは無かったです。(マネログ、マイソクなど不動産投資をするうえで便利なアプリ、サイトの紹介は参考になりました。)
マネログ:不動産投資の安全性を計ることができるアプリ。CFやローン返済のシミュレーションが出来ます。
 マイソク:不動産情報サイト。物件探しに便利なサイトです。
 
有料カリキュラムの場合は様々な情報が得ることができそうでしたが、金額が20~50万円とのことです。
私にとってはその金額払うくらいなら不動産購入の足しにして早く大家としての経験を積んだほうがよっぽど勉強になると感じました。
今後は無料セミナーは行かず、書籍、ネットで情報収集を重ね、たまに目を引くセミナーがあれば多少お金を出して参加しようかと思います。無料セミナーとの違いも知りたいので近々参加するかもしれないです。
その時は別途共有します!

ノアコイン購入見送り~新興仮想通貨はちょっと調べてみよう~

こんにちはkjです。私はいくつか仮想通貨を保有しているのですが、ネットにてノアコインというフィリピンが国家レベルで支援を行い発行の準備をしている仮想通貨がプリセールス期間中でしたので購入しようかと考えましたが、ちょっと調べたうえで購入を見送りました。
2017年3月14日、フィリピン大使館のニュースにて、「ノア・コインの事前販売に携わる権限を与えておらず、また、 ノア・コインを国家プロジェクトとして承認しておりません。」という旨が発表されているとの情報もネットで見かけました。(実はまだ私は確認できていないのでこの発表が本当かも含めて見つけたら別途共有したいと思います。)
「詐欺だったのではないか」という線が濃厚になってきたので、皆さまも今後新規仮想通貨を購入する際に確認すべき点を参考にしていただけたら幸いです。

ノアコインとは

「フィリピン国内の政財界の有志が集まり、国家レベルの規模で開発された仮想通貨」との事です。
ノアコインは主にフィリピンの国際送金手段として普及する見込みとなっており、現在のビットコイン時価総額1兆円を超える3兆円もの市場規模となっている。らしいです。
ビットコインは、市場公開からたった4年で135万倍もの価値の高騰になった事を考えると、とても夢が
ありますよね。1万円投資しただけでも何億、何十億に化ける可能性があるというわけです。
実際ビットコインだけでなくその他仮想通貨(イーサリウム、リップルなどのアルトコイン)も公開当初から数十倍、数百倍になってる例もあるので私もこの波に乗らなければ!と思い購入しようと思いましたが、
ちょっと調べてみると「これ怪しいな。。」と疑問に思う点がいくつかあったので結局購入は見送りました。

購入を見送った理由

・英語記載のサイトがほとんど存在しない
そもそもこれだけ騒がれている仮想通貨ならば何かしら海外からの評論なり、フィリピン政府や国民からの情報発信があるはずだと思い、探してみるものの海外からの情報ソースはほとんど無く、日本国内のきな臭いPRサイトが乱立しているだけでした。
フィリピンが国家レベルで開発を支援していると謳っているのにも関わらずフィリピン含め海外からの情報発信が無いのです。(私の調べ方が悪いだけかもしれないですが。)日本国内で勝手に騒いでいるだけ仮想通貨なんてもろ怪しいです。
 
・信頼に裏打ちされる技術の説明がなされていない
仮想通貨についてちょっと調べれば大体「ホワイトペーパー」なる、その仮想通貨を構成する仕組み、技術などの説明が長々とされている文献があるのですが、このノアコインには無いです。
ホワイトペーパーを発行するまでの準備期間なのかもしれないですが、それにしても信頼に値するノアコイン独自の技術の説明が充分にされていないようです。私も根っからの文系でそこまで技術的な話は分からないですが、投資するにしても情報が不十分で怖いです。きちんとノアコインが信頼に値する技術を持つものか証明するような説明なりがされるまでは購入できないと判断しました。
 
複利で利息が付く
保有しているだけで複利での利息が付くらしいです。初年度で100万円投資したとすると5年後に201万円、5年後に201万円、10年後に284万円、20年後に362万円になるとの事ですが、普通の感覚をお持ちの方ならかなり怪しいと思いますよね。5年後に2倍になるというのはとても魅力的に感じますし、サイトの説明では高度経済成長期の日本の
10年定期預金でも12%の利率がついていたとの事です。(そこは知らなかったので勉強になりました。)
しかし、この現代の不況の中で、しかもまだ公開もされていない仮想通貨がそれほどの高利率の配当で成り立つのかは甚だ疑問です。

結論

まだ詐欺と決めつけれないですが、上記の理由から私は購入するつもりは無いです。ADAコインという似たように日本国内のみで騒がれている新興仮想通貨もありましたが、当初の公開予定時期(2016年12月)から未だに公開されるまでに至っておりません。
購入する際は、ADAコインの行く末を見て判断するのでも遅くないかと。
皆様も仮想通貨を購入する際は多少なりとも自分なりに信頼できるものと確信を持てるようにしてから購入してください!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

転職エージェントに相談してきた~自問自答するにはいいきっかけだった~

こんにちはKJです!先日某転職エージェントに転職の相談を行ってきたので共有したいと思います。
相談したところは大手人材会社リクルートキャリアさんです。転職エージェントと対面で相談することは初めてだったので緊張しましたが、現在の自分の市場価値なりが見えたような気がするので参考にしていただければと思います。

なぜ面談しようと思ったか

自分の市場価値がどんなもんか知りたい
転職エージェントとの面談の雰囲気が知りたい
魅力的な求人(速攻海外勤務できるとか)があればあわよくば転職しちゃう
 
と思い転職サイトに登録し、いずれ良い求人が見つかった場合エージェントの方
と面談しようと考えておりましたが、登録20分後くらいに早速電話があり、
「とりあえず面談しましょう」と連絡がきたのでつい勢いに負けて面談の予定を
取り付けられました。笑
30分~1時間の電話面談というものもありましたが、私は直接会って話す方が色々
自分の意見も伝えやすいと思い、都内の拠点に伺い面談をすることにしました。
 

事前準備

職務履歴書の記載
面談するにあたって当然エージェントの方に事前に自分がどんな職務に携わってきたか、どんな職務につきたいか等サイトに登録する必要があります。職務履歴書の記載は必須では無いですが、面談を有益なものにするために事前にしっかりと記載していくことをお勧めします。
私の場合は現在そこまで転職に対して意欲的では無かったので面談の2時間前にサクッと作成したものを提出しましたが、実際の面談では使用されませんでした。笑
提出する場合はちゃんと面談前日までには提出しておきましょう。
 
また、職務履歴書が無くても現在の転職市場など有益な情報を得られたので、まだ転職活動を本格的に始める前の人ならそんなにがっつり時間を割かなくても良いと思います!

面談までの流れ

拠点まで向かい受付で担当者の名前を伝え、待合ルームで待ちます。私は土曜の日中帯に訪問しましたが、私が待っている5分間程度の間に2,3名の方の出入りがありました。
ほどなく担当者の方が来て別室に連れていかれ面談開始という流れです。担当者に聞きましたがその日は、AM9時からPM9時まで面談でいっぱいとの事でした。大変ですね。。。
まずは軽く担当者の方の自己紹介から始まり、なぜ転職を考えているのか、どういった職種、会社に興味があるのか聞かれ、そこから現在の転職市場状況の説明、また具体的なアドバイスをいただくといった流れです。
私自身軽い気持ちで臨んで行きましたが、担当者の方の話方やアドバイスなどが学生 時代に行っていた就職活動中の面談の雰囲気と似ていたので、ちょっと緊張しましたね。懐かしい感覚でした。笑
少し辛口なコメントやアドバイスもありましたが、良い気づきにもなったので良かったです。 

面談内容

私が伝えた希望職種
・海外営業
・ある程度の規模の会社
私としては現状すぐに転職することは考えていなかったのでかなりざっくりとした希望になってしまいました。
 
転職市場状況
現在第二新卒枠は売り手市場なものの、知名度の高い企業には東大京一橋大学出身のエリート勢が結構な数応募しているらしく、エリートとの競争になるので厳しいとの事です。また、第二新卒の場合ポテンシャルを重視する企業の割合が多いので、26歳までは求人数がまだまだ多いらしいですね。選ばなければ複数内定を持つこともできるようです。
 
希望職務に対するアドバイス
海外営業については当然ですが経験者が優遇されるらしく、TOEICも最低でも800後半は無いと厳しいと。(当方は780点です。)ただ、海外営業経験がなくとも、事前準備を綿密にしたうえで臨めば内定自体もらえ
る例も過去あるそうなのでそこは努力次第でカバー可能とのこと。
具体的には
TOEICで高得点取得(900点付近)
・面談を全て英語で話せるようにする
・転職理由、志望動機を綿密に準備する 等です。
 

その他参考になった点

・面接官は第一印象の良さで人を採用することは無い。第一印象が好印象な人ほど、内面を知りたくなるため予想外な質問を投げかけて人間性を見る。
・内定は複数持つべし。他社行く選択肢がある素振りを見せることで、年収交渉の際に有利。

感想

現在転職をすぐにしたいと考えているわけでは無いですが、仮に転職する際に今の自分に足りないものが気づけて良かったです。また、担当者も優秀そうでしたし、変に取り繕う事なく素直にアドバイスをくれたのでありがたかったです。
TOEICの点数が低すぎる、その転職理由じゃ採用されない等ちょっと辛口なコメントもありました。笑)
また、私は海外営業希望と伝えましたが、そのポジションにつくまでに準備しなければならない事が多く、(日本語&英語でのレジュメ作成、英語での面談対策等)「本当にそこまでして海外営業を経験したいのか?」と改めて自分のやりたいことについて考えさせられたので、自分ともっと向き合ったうえで行動に移すなりしたいと考えております。
ゆるく転職を考えている人は一度面談してみてはいかがでしょうか?休日に面談も可能ですし、私の場合面談時間は45分程度で終わりましたが、それでも気づきは多かったです。職務履歴書もがっつり準備する必要もないですしまずは気楽に面談でも申し込んでみる事をお勧めします。

海外バイク旅 ベトナム1000km半縦断~めちゃくちゃ面白い~

こんにちはkjです。
今回は私が学生の時に旅行で訪れたベトナムでのバイク旅について共有できればと思います。とても楽しかったのでもしこれからベトナムに行く機会がある方がいればこういう旅行の方法もあるという事を知っていただければ幸いです。(比較的アブノーマルだと思いますが。笑)


バイク旅に至る経緯 

元々旅行中にバイク旅をしようなんて一ミリも考えておらず、東南アジアを周遊しているなかでベトナムに到着してだらだら当てもなく安宿を回っていました。
ある日泊まった安宿がドミトリータイプで、(同じ部屋にいくつか3段ベットが置いてあり他の旅行者もいます)同じ部屋に泊まっていた韓国人が話しかけてくれたので一緒に飲みに行きました。
明確には覚えていないですがその韓国人も年は20代半ばで僕と同じように学生で旅行中との事でした。いろいろ話したなかで彼はバイクでホーチミンまで行きたいと言っており、翌日にはバイクを買いに行くと言っていました。(私達がいた場所はフエというベトナムの中央に位置する都市。ホーチミンまでは約1000km近くあります。)
私が「それめっちゃ楽しそう」みたいな事を言ったら「それなら一緒に行こうぜ」と返してくれました。結構予想外な回答でびっくりした記憶があります。笑
これがきっかけです。


私がバイク旅行を決心した理由

 
日本では中型バイクの免許を持っていましたが、久しくバイクなんて乗っていなかったですし、そもそも国際免許を持っていません。いきなり何の準備もなくバイク旅行は無理だろうと思い、私はその旨を伝えると彼は「俺なんて国際免許どころか、国内でもバイクの免許持ってないぜ!バイク自体に乗った事も数回しかない。」と自信満々で言ってきました。こいつすげーなと思いつつ私もホーチミンには行く予定だったのと、普通に面白そうだったので迷っていると、

 ベトナムのバイクは安いから200ドルくらいで買えるしホーチミンまでいけば購入した価格近くで売れる事もある。費用面で見てもバスよりお得になるよ。しかも絶対楽しじゃん。人生1回きりだぜ!」的な事を言われ、押しに負けました。笑
ホーチミンには同様にこれからバイク旅をしようとしている欧米人も多いようで買い手を探すのは難しい事では無いらしいです。)

そこで僕も翌日バイクを買いに行く事になり、その韓国人の知り合いのオーストリア人も合流しバイクを購入し、3人でバイク旅行をする事になりました。

結局バイクは200ドルで購入しましたがホーチミンでは50ドルでしか売れませんでした。笑  バイクでの移動の方がはるかに面白かったと思うので結果オーライです。


感想
~結果めちゃくちゃ面白かった。安全に旅行したい人にはお勧めできない。~

 


めちゃくちゃ面白かったです。日本のように交通規則や道路環境が整っていないので
安全面で何回かひやっとした事もありましたが、その分自由な運転もできて楽しかった
です。また、韓国人とオーストリア人と一緒に峠を攻めていき、山から見下ろすベトナムの街の景色も印象的でした。
基本時速100kmオーバーで運転していたのでかなり爽快でした。ただ、道路が
整備されていないのでひやっとした場面も2、3回ありました。パンクも1回しました。)

スリリングな旅行をしたい方にはお勧めですが、安全に旅行したい方にはお勧めできません。まーこういった旅行の方法もあるよという事を知っていただければ旅行の幅も広がるかと思いますので今回記載させていただきました

 

 

東南アジアバックパッカー 社会へ出る事への抵抗が無くなった!

 

どうもkjです。
私は学生時代にバックパッカー的な事をやっていたので(大した期間では無いですが。。)今回はどういうきっかけで周遊旅行をすることになったのか、また旅行を通して感じたこと、社会人に対する見方が変わった事について共有したいと思います。


周った国(主に東南アジア)

 

タイ、カンボジアラオスベトナムミャンマー TOTAL 2ヶ月
インド、ネパール TOTAL 2ヶ月

イギリス 、フィリピンにも短期語学留学に行きましたが、それに
ついてはまたの機会に共有したいと思います。

行こうと思ったきっかけ

暇だったからです。笑

イギリス、フィリピンで語学留学に行っていたのであまり海外というものに
抵抗はなかったのですが、バックパッカー的な事をやり始めた事に特に深い
理由は無いです。笑
当時、私大文系大学3年生(留年もしているのでこの辺りの時系列はあまり覚
えていません。笑)だった僕は夏季休暇で2ヶ月程の時間が確保できていま
した。
バイトなり友人と遊ぶなりで時間を潰しても良かったのですが、当時バイトに面白みも感じておらず、友人と遊ぶにもお金がかかります。それで時間潰すのも勿体無いと思い、まとまった休みにしかできないことは何だろうと考えた時にパッと留学、周遊旅行が思いつきました。

実際に大学生2年の頃には短期留学をしていますが、(これについてはまたの
機会に記載したいと思います。)その経験から考えると単純に英語の勉強を
したいなら短期留学に行かずとも国内で良いじゃん、という考えに至ってい
たので今回は費用を安く抑え、2ヶ月の休暇をフルで使って気の向くままに
旅行しようという考えに至りました。

なぜ東南アジアに行ったのか

これは大抵の方と同じ理由かと思いますが安かったからです。
事前にどこに行こうか調べていましたがある程度の期間滞在するうえで物価、
航空券含めて一番費用を抑えられるのが東南アジアでした。
実際に旅行してみて確か2ヶ月間、航空券諸々混みで20万円くらいだったかと。

また、先進国よりも発展途上国の方がスリリングな経験が出来そうだと思っていた
ので行くなら東南アジアだなと決め、バイトで旅行費用を貯めとりあえず2ヶ月間
タイ往復の航空券を購入しました。
で、実際に行ってみてとても楽しかったので翌年の休暇にもインド、ネパールに
2ヶ月間滞在しました。

旅行を通して感じた事〜社会人になる事へ抵抗が無くなった〜

 

すごい面白かったです!ベタですが一番は人との出会いですね。またそこから生まれる
感動的な体験だったり、スリリングな体験は今でも鮮明に私の記憶に残っております。
(特にベトナムでのバイク旅行は最高に楽しかったです。)

ただ、その後に行ったインド、ネパール2ヶ月間の旅行で私はこれが最後で良いかなーと思いました。
インド旅行に行く前に就活も無事終えていた僕はこれから社会の荒波に揉まれて大変な生活が待っているんだろうなーと若干不安になっていた時期で、旅行に行ったらさらにその考えが促進されそうな気がしていました
しかし、2ヶ月間の旅のなかで後半になるにつれて、特に目的もなくふらふらする事に対して飽きがくるようになり、暇が若干の苦痛になっていました。
いつまでも学生でいたい同級生も良く言っており、自分もそういった考えを持っておりましたが、旅行を通して

実際いつまでも学生やってたら暇で耐えられないわ。社会人大変そうだけど暇よりは全然良いじゃね❓

という事を考えるに至りました。

旅行中には東南アジアに長期滞在している中年男性の方もちらほら居ました。
(何で生計を立てているのか分からないですが。)
何にもとらわれずに生きているような生活スタイル少なくとも私の目線から見てですが)を羨ましい思う反面、じゃあ私がそうなりたいかと言われるとNOと答えるでしょう。それは今でも変わりません。

決してそういった生活を否定しているわけでは無く自分にはそういう生き方が耐えられないのです。辛いことがあっても目の前に熱中することがある方が私にはきっと向いているのです。私は現在社会人3年目のまだまだ若造で、日々辛いこともあったり、会社行きたくねーと思うこともしょっちゅうありますが、それでも学生時代に戻りたいとも思わないですし(本気で勉強したい事があるなら別として)、それなりに自分でも悪くないと思える生活を送れています。

ただ、今後はより自分らしい生活を送れるために、いかに会社に依存せず独力で生きていけるか模索している今日この頃です。
まとまりが無い中身になってしまったような気がしますが、そこはご容赦を。笑

 

転職サイト(ビズリーチ、リクルートエージェント)登録してみた

 

どうもkjです。タイトルの通り転職サイトいくつか登録したのですが
登録してからどういう流れで面談まで進んで行くのか知れて面白かった
ので今回共有したいと思います。今の所ビズリーチ、リクルートエージェ
ントに登録したのでぜひ興味ある方は参考にして下さい。

そもそも何で転職サイトに登録したのか

自分の市場価値がどんなもんか知りたい
転職エージェントとの面談の雰囲気が知りたい
魅力的な求人(速攻海外勤務できるとか)があればあわよくば転職しちゃう

先に言っておくと特に今すぐ転職したい!と考えているわけでは無いです。
当方、そこそこ大手のIT企業で営業に従事しておりますが、労働環境、待遇
も世間一般的に見たら上位に入ると思いますし、そこそこ仕事にもやりがいは
見出しております。
ただ今後数十年間、自分が今の会社にいる事を想像した時にあまりワクワクした
未来が待っていなさそうだと思ったのでいずれは転職すると思います。
そのいずれ来たる時のために今のうちに転職エージェントとの面談を通して、自分の市場価値、またエージェントとの面談の雰囲気( こちらは単なる興味本位ですが)を知り、魅力的な求人があり面談までいければ、転職しちゃえばいいか、くらいの気持ちです。(とか言ってダラダラ今の会社にいるかもしれないですが 笑)


てことで適当に広告で見つけたビズリーチとリクルートエージェントに登録してみました。


ビズリーチ〜電話は来ないので電話連絡がうっとしい人はおすすめ〜

 まずは1社目に登録したビズリーチについて説明します。

・さくっとビズリーチの概要説明
ビズリーチのシステムから説明しますと、ビズリーチはあくまで転職エージェントと
転職希望者を結びつけるような構造になっているので、ビズリーチと提携している
様々な人材会社(基本僕は聞いたことないような会社)のエージェントからオファー
が来ます。(ビズリーチ自体が選任のエージェントを抱えているわけでは無いのかな❓)
また、エージェントからバンバンとりあえず面談しませんかのメールが来るのですが、
中には(プラチナオファー)や(非公開)という掲題が付いたメールが届きます。
どうやらこれは面談が確約されているオファーのようです。
たまに会社の採用担当から直接連絡が来ます。

・エージェントからの連絡頻度
登録して現在1週間程度ですが、エージェントから電話が来るということはなくメールでの連絡になるので気楽に始めたい人はおすすめです。
後述しますがリクルートは登録して20分後くらいに面談予約の電話が来ました。笑)
ただメールはバンバン来ます。(これは多分どこも一緒だと思いますが電話連絡ないのは大きいですね。)

・求人職種
今の所50件くらいきていますが、WEB広告関係、無名の外資コンサルタント、IT系スタートアップが主です。私がIT企業勤務だったのでIT、WEB系になるのはまー何となく想像はつきました。私にとって魅力的な求人は今の所ありません。

・特徴
電話連絡が無い。
面談が確約しているオファーもある。
基本的に知名度が高くない会社所属のエージェントが多い。

リクルートエージェント
〜勢いが凄い。登録から速攻電話きてすぐに面談の予約をしてしまった。〜

リクルートエージェントについては登録したばかりなのでまだそんなに情報が無い
ですが、登録してから20分後にはエージェントからとりあえず面談しましょうと
連絡が来ました。ちょっと話して休日でも構わなからぜひ!と言われてその勢い
に負けて早速面談の予約をしてしましました。営業上手ですね!笑

今はリクルートについてはそれくらいの情報しか無いですがとりあえずの感想は
良く働いいてんなーって感じです。笑 しかし勢いは良いのでちょっと好感持っちゃ
いました。

やんわり転職考えている方へ

とりあえず登録してみてはいかがでしょうか❓今は転職考えていなくても、とりあえず
登録して、どんな会社の求人があるのかを知れたり、エージェントのギラギラした熱量を感じれたりするのは面白いです。(転職を成功させたエージェントは転職社の初年度の年収の3割程度がインセンティブで入るようですね。そりゃやる気出しますよね。笑)

何かちゃっかり面談もする事にもなったので、それも別途共有したいと思います!